« 刺したい男と刺されたい男 ② | トップページ | とても私では解決できない »

2016年8月 5日 (金曜日)

愛と家・家族を天秤にかける ①

94

 実はこんな話がいっぱい聞きますが、タイガールの性格を知らない人の話の様に感じますよね。

 確かのタイガールは家族や家を大切にしますし、自己犠牲なんかも当たり前にありますが、それは本気で愛する人がいなくて、愛の対象が家族になっているからですね。

 本気の愛する人が出て来ましたら、どちらを選択をするかって事は明白ですし、愛する人を選択するのかは誰にでも解っている様に事なんですよね。

 でも、そこまで行っていないんじゃないかと思いますね。

95

 タイガールとの恋愛の話を聞かされることが結構ありますが、いつも聞く事はこんな感じの愚痴なのか相談事なのか解りませんが・・・・・こんな感じです。

 「私の事よりも家族の事の方が大切みたいです。 私の事は愛していない様に感じるのですが・・・・・愛する人よりも家族の方が大切なんでしょうか?」

 難しい問題ですね。

 最初に結論を言っておきましょうね。 タイガールは恋人や伴侶の愛する人を基本的には優先をするのは間違いはありません。 但し、家族のどの立ち位置の人なのかって言うのは比較が出来ない人もいっぱいです。

 簡単な事でですが、どうしても日本人は白黒をはっきりさせようとしますね。 自分自身は一切白黒ははっきりとする事は出来ないのに、他人様にはそれを要求をしようとしがちですね。

 特に、外国人やタイガールにはその傾向が強い様に感じますね。

 元々タイランド教育の中には、親兄弟を一番大切にするのは最高に格好が良い事なんだって言う教育をされます。 その上、自己犠牲と言うのは非常にクールで最高の性格の良さなんだって事も暗に教育をされます。

 ここを忘れてはいけませんね。

 それと男の場合は、彼氏になったり恋人になったりしましたら、自分が一番になったって感覚がありますが、タイ人の社会からしましたら恋人や彼氏や彼女は家族ではないんですよね。

 そうですね、家族ではないんですから、比較対象になるという事はないんですよね。 元々生まれた時から家族が一番なだって言われているんですが、恋人や彼氏彼女は家族との認識を教えてはいませんから。比べる事が出来ないのです。

 と言いますか、比べるという発想もする事が出来ないんですから、聞かれても答える事は出来ない相談ですね。 でも、タイガールも男になってきましたし、世間の事や男の事も色々と解ってきますから、比べる事は出来ないという事は言わないんですね。

 そうです、出来ないから有耶無耶にしようとするんですね。 

 その言動に対して日本人の男は、???って感じて得意の妄想を働かせて、悪い方向に考え様とするんでしょうね。

 ・・・・・これではいけませんね。

96

 時間がやってまいりました。

 タイガールやタイ人の感覚を知るという事は非常に大切ない事ですね。 知らないから、馬鹿な発想をしてしまったり、落ち込んだり、うまく行く事を行かせなかったりって・・・・・

 勿体ない話ですね。

 日本人は元々が島国根性丸出しですが、違った感覚があるという事を知っておかないといけません。 出ないと最高級の幸せを得る事は大変で、難しい事になってしまって、ゴールがいつまでたってこないという事になります。

 明日も話を続けさせて頂きましょうね。

|

« 刺したい男と刺されたい男 ② | トップページ | とても私では解決できない »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 愛する人が一番だって言うのは間違いのない、タイガールにとっての不文律です。 それをまずは確かめないといけませんね。

 仰る様にあなたが一番でないのかどうかって事くらいは直ぐにでも理解が出来ると思いますので、違っていたらその後の対策を立てないと・・・・

 愛する人が一番だっていう事だけは一切変化はありませんからねぇ。

投稿: AKIさん | 2016年8月 8日 (月曜日) 午後 01時13分

Aki様

TGにとって1番は愛する人
ですから、自分が1番ではない場合は、愛が不完全、若しくは鴨葱のどちらかですね

愛が不完全な場合は、前進する可能性が有りますが、鴨葱の場合は、自分自身の言動を再確認すべきですね

投稿: ekamai | 2016年8月 7日 (日曜日) 午後 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛と家・家族を天秤にかける ①:

« 刺したい男と刺されたい男 ② | トップページ | とても私では解決できない »