« 私にも人生はあるのよ! | トップページ | 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① »

2016年10月 5日 (水曜日)

挨拶と感謝と人の心

004

 微笑みの国で真摯な仏教国のタイランドですが、挨拶という点ではあまりすごいと感じることはありませんね。

 バンコクの場合は国際都市ですし、お金が発生をする店等が多いですから、そういう風に感じることはありませんが、田舎や副都心やお金の関係ない世界に行く場合は、そう感じることが多いですね。

 実際には小さなころから教えられているのですが・・・・・

 内の娘がインターナショナルスクール入学をするときに一月ほど先に寮に入って勉強をするんだって言ってました。 実は、教えられたのは礼儀と挨拶と感謝の気持ちを持たないと勉強もできないという事だったそうです。

 凄いですよね。

005

 タイランドの田舎の方では、日本的なところが結構多いです。 気になるのに、とお目で見ているだけで中々自分から寄ってこないって事が往々にしてあります。

 表面的には排他的に見えますよね。

 でも、一度こちらから挨拶などをしましたら、ドンドンとこっちの中に入ってきますから不思議ですね。 元々フレンドリーで直ぐにでも仲間になる事が出来る様なタイプの民族なんでしょうねぇ。

 (東南アジアは基本的にはこんな感じが多いですね。)

 昨日のお金の話にリンクをしますが、感謝というモノにはあまり感覚がない様に感じますね。 もらうまでの感謝と貰ってからの感謝と言ったらいいのでしょうか? この感謝の感覚が日本とは真逆の様に感じます。

 私はテワダーですから、色々な人には感謝をされていますが、出す前と出した瞬間は大きな感謝を感じますが、その後には普通になって行って、感謝の感覚がまったく違っている様に思います。

 悪いと言っているのではないんですよ。

 あっさりとしていてこの方が正解の様に感じますね。 日本の場合は、感謝の押し売りって感じがありますから、常日頃から四六時中感謝をしていないといけないんだって感じが続きますからね。

 感謝によって人間の優劣か上下関係まである様に感じますが、タイランドの場合は感謝はいっぱいですが、それはその場の習慣で終わりますから、あとには全ての人が同じ様な付き合いになっていくという感じですね。

 これって最高ですよね。

 但し、借金をしていると言った場合は、日本的な感じになる事も在りますが、それも出会った時にそういった内容のモノは出てくることがありますが、その後には何もなかったような感じになっていきますからね。

 これはこれでいい悪いはあるのでしょうが、こんな風習や感覚を理解してしまったら、逆に楽になってしまって、自分自身も軽い気持ちでタイ人との付き合いをすることが出来るんだろうと思います。

006今回の教訓です。

 大枠で見ると挨拶も感謝も日本と同じ様な感じですが、その時期や感じ取り機関が違っているという感じが大きいですね。 

 ですから、日本人の場合もタイ人の場合も違和感を抱いてしまいがちですが、少し考えると時間的な問題や時期的な問題だけなんですから気にしないが良いです。

 タイ人と日本人は違っていますが、長く付き合っていくとタイ人の場合やタイガールの場合は、臨機応変の力はタイ人やタイガールの方が強いですから、ドンドンと自然と合わせてくれるようになってきます。

 ドンドンと二人の関係や相性は良くなっていくんだって話も聞きますが、実はタイガールが段々と日本人に合わせて行ってくれているという事ですね。 それも自分の努力ではなくて自然と合わせて行ってくれているという事です。

 間違いなくうまくい行きますね。

|

« 私にも人生はあるのよ! | トップページ | 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 確かに私が来た頃は結構笑顔がありましたが、ここ何十年でしょうか・・・レストラン等でも仏頂面が普通な感じですね。

 それにマーケット等でも品物の扱い方が悪いのも・・・ですが、タイ人の場合は知っている人と知らない人の差が大きいですからね。

 常に知り合いにならないといけませんね。

投稿: AKIさん | 2016年10月10日 (月曜日) 午後 06時43分

Aki様

多分、初めてタイに来た人が戸惑うのが、微笑みの国と言われてるのに、タイ人の仏頂面じゃ無いでしょうか?
ところが、一度でも挨拶をすると10年来の親友のような感じになりますからねぇw

投稿: ekamai | 2016年10月10日 (月曜日) 午後 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 挨拶と感謝と人の心:

« 私にも人生はあるのよ! | トップページ | 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① »