« 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① | トップページ | 真実は何処に存在するの? »

2016年10月 7日 (金曜日)

虚構と見栄と嘘交じりの世界 ②

010

 少しづつタイガールの事を解明できている様に感じる時がありますが、今日や昨日はまさにそんな感じですよね。

 一人のタイガールが嘘ばっかりをついている時期があったり、虚栄癖を満開にしている時期があったり、どうしてこんなに見栄ばっかりを張っているのかなぁって感じる時もあります。 

 嬉しい事に内の愛妻はその気は最近は一切なくなっています。

 親戚や知り合いのタイガールのそう感じる事がありましたが、どうしたんだろって思うだけでしたが、解明できましたね。 

 満足度と幸せ感の所為でしたね。

011

 愛妻の友人・知人のFacebookに触れましたが、これがびっくりする事に数人のタイガールが1年間の内のドンドンと変化をしていくんですよねぇ。

 すっごく可愛くなったり、素直になったり、お金がない事や大変な事もあまり気にしないで相談をして来たりって事があるとも意気やびっくりする変化が訪れます。

 虚栄癖が出てきたり、見栄っ張りになったり、嘘交じりになって攻撃的に変身をしていくんですね。 前にはびっくりしていましたが、これが心の変化だとは気が付きませんでしたが、やっと気が付きました。

 心が安らいでいて、満足感と幸せ感がしっかりとあって、不安感が亡くなっている場合は、その3点の事は一切見せる事はないんですね。 これは、愛妻の友人だけの事ではなくて色いろんなところで観察するとそのままなんですね。

 びっくりします。

 ところがこのサイクルは定期的にやって来るような感じなんですね。

 自分自身の家族の問題で満足感や幸せ感がなくなってくるという事も在りありますよね、そうして攻撃的になって行って、誰彼構わず攻撃をしていくって感じになってくるのですが、心が落ち着いてきましたら、とっても優しくて素晴らしいタイガールに戻っていくんですからねぇ。

 また、家族の問題ではなくて、友人や知人の話や色々なモノを見て、急に嫉妬感に苛まれてくるという事があるみたいですが、これでドンドンと心が落ち込んで行ってしまって・・・・・になってしまうんです。

 でも、この病気(?)にならないタイガールがいます。

 愛する人が自分の隣にしっかりといて、安心感を常に得ている場合は、この様に変な方向に行く事はありませんし、嫉妬をして心を乱されるという事もないという感じ身みたいですからねぇ。

 貴方は大丈夫?

 我々男は、金銭的にも愛情的にも100%満たしてあげるという事は不可能なんだとは思いますので、常に横にいるんだって言う事を教えるのと、一緒にいる事は安心感を絵う事なんだって事をお互いに感じて行かないといけませんね。

012今回の教訓です。

 面白いタイガールの特徴を解明をする事が出来るのではないかと思います。

 今日は良い感じですね。

 ここで男は考えないといけませんね。 こういう事が解ったら、どうしたらこういう風にしない様にしてあげようかって事を考えて実行をしていかないといけませんね。

 「内はいつも旦那さんが隣にいるから何の問題もないし、心が寂しくなったり苦しくなったりする事はないわよね。 だから友達が急に変化をするのが意味が解らなかったけれども、そんな事があるのね。

 

 まぁ、私は満足度はいっぱい、幸せ感はいっぱいだから・・・・・でもね、あの子もあのバッグを買っているから、旦那さん私も今度は買ってね!!!」

 頑張りましょう。

|

« 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① | トップページ | 真実は何処に存在するの? »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 仕事が磯が良いのは果報者って私はチビの頃からばあちゃんに言われてきましたが、タイガールの場合は仕事が忙しいのは私をほったらかして浮気を・・・って発想法になってきますから、恐ろしい感覚がありますね。

 それでも一緒にいる時を大切にする事でどんどんと同化していきますから、それを演出してあげるって言うのが良いですね。

投稿: AKIさん | 2016年10月10日 (月曜日) 午後 06時46分

Aki様

前にも書いたと思うんですが、今年はなにかと小忙しく、先週もプラチンブリに缶詰でしたから、そりゃまあ奥さんの機嫌も、どこまで傾くの?って位斜めですからねぇw
ちょうど週中にお誘いいただいて一旦万国に帰ってきましたが、それでも相当斜めですからねぇ
来週も日本からの出張者のアテンドがありますし、来月は日本の出張もありますから、機嫌を取るのが大変です

投稿: ekamai | 2016年10月10日 (月曜日) 午後 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虚構と見栄と嘘交じりの世界 ②:

« 虚栄と見栄と嘘交じりの世界 ① | トップページ | 真実は何処に存在するの? »