« 結婚をするのはどうしたら良いですか? | トップページ | AKIさんの独特で波乱万丈な人生 ② »

2017年2月19日 (日曜日)

AKIさんの独特で波乱万丈な人生 ①

122

 ある方から、

 「貴方はどんな人生を歩んできたんですか?」

 こんな突っ込んだ質問受けました。 別に苦情を言われているのではありませんでしたし、こんなブログを続けている人はどんな人生なんだろうと言う素朴な疑問を抱いたみたいです。

 まぁ、私は色々な波乱万丈な人生を歩んできました。

 自慢が出来る様なものではありませんし、波乱を望んだ事も一度もありませんが、まぁ楽しい人生を歩んでいます。 愛妻と出会って一緒に人生を共にするようになってから、安穏で平穏な日々を歩んでます。

 昔に話をした事があるタイランドの出会いから思い出してみましょうねぇ。 ご興味のない方は3日間ほどスルーしてくださいね。

bleahbleahbleahbleahbleah

123

 私が大学に入学をして、最初の夏休みの少し前に一通の国際郵便が届きました。 裏を返してみましたら、昔から世話になっている近所の兄ちゃんからでした。

 封筒を開けましたらこんな手紙が同封をされていました。

 「AKI、久しぶりやなぁ。 お前も大学に入ってそろそろ最初の夏休みやろう。 お前の事や適当にしているから、まだバイト先も決まってへんやろう。 俺がええ仕事をさしたるわ。

 

 手紙と一緒に航空券を同封しているやろう。 お前俺の手伝いにタイにこいや。 2~3カ月くらい仕事をしに来い。 それにまだ海外には言った事はないやろうから、パスポートはよ取りに行っとけ! 数日したら電話するわ、書くのん面倒くさいから電話でな・・・・・ほなな!」

 チケットが入っていました。 当時ですから、羽田経由のエコノミーのチケットですからねぇ。 今では関空から直通便がありますが、当時は直通便はなかったように思いますので、バンコクへ行くのにも結構時間がかかりました。

 数日後に電話がかかってきました。

 「お~久しぶりやなぁ。 そのチケットの日には必ず飛行機に乗れよ、空港まで迎えに行ったるからなぁ。 兎に角、その飛行機に乗ったらええねんで、仕事? 仕事はええ様に言うたらツアーコンダクターやなぁ。

 

 でもねぁ、解りやすい言葉でいうたら、ポン引きやな。 おっさんを昼間は観光に連れて行ってな、晩御飯食わしたらナイトツアーに連れて行くんや。」

 「・・・・・質問や疑問を受けたらどうするん!」

 「アホッ、そんなモンは一切ないわ。 おっさんらは女のこと以外は考えてへんさかいなぁ。 適当にあしろうとったらええねん。 文句あるんやったら連れて行ってやれへんでぇ~って言うとったら問題はないわ。」

 ・・・・・訳の分からん会話が続いて行きまして、文句を言おうがお願いをしようが何のお構いもなしに、兎に角こっちへ来いっていう言葉だけでしたからねぇ。 チビの頃からお世話になっていますから、反抗も出来ません。

 そうこうしている間にバンコクに地に立ちました。

 そうですねぇ、そろそろ40年が経とうとしていますが、長年タイランドやタイガールにかかわってきているんだなぁって感じます。 その上、今では永久の伴侶もタイガールですから、その頃から決まっていたのかもしれませんね。

bleahbleahbleahbleahbleah

124

 昔から私の周りには強引な人が多かったですし、人の話なんかは聞こうとしない人も多々おりました。 この先輩もまったくその中心人物の様なタイプの人でした。

 私は役40年近く前のタイランドに行きまして、それはそれはつらい仕事をする事になりました。 なんたって未成年なのに仕事がポン引きですから、今考えると良い時代だったのかもしれませんね。

 18歳から30歳までが私の波乱万丈の時代でしたが、その幕開けがこの一通の手紙からでした。 明日も明後日も続けさせて頂きますので、ご興味のある方だけがお越し下さいね。

 では、又明日!

bleahbleahbleahbleahbleah

|

« 結婚をするのはどうしたら良いですか? | トップページ | AKIさんの独特で波乱万丈な人生 ② »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/64220687

この記事へのトラックバック一覧です: AKIさんの独特で波乱万丈な人生 ①:

« 結婚をするのはどうしたら良いですか? | トップページ | AKIさんの独特で波乱万丈な人生 ② »