« 愛妻の里帰り ① | トップページ | タイランドの葬式に参列 »

2017年3月 5日 (日曜日)

愛妻の里帰り ②

164

 昨日から話をしている嫉妬や自慢話のやり取りなんかはこれは内の身内の特徴であまり人様に話をする様なモノではないんじゃないかって思っていましたが、調べてみましたらだ何処にでもある様なモノみたいですねぇ。

 不思議ですが、タイランドでは身内の方の嫉妬が大きいって・・・・・若しかしたら、日本でも身内同士の嫉妬ややきもちが大きいのかもしれませんよねぇ。

 今日も少し違った視点からタイランドのマニアックなところを見て行こうと思います。 今後のタイガールとの人生を考える場合も、移住を考える場合も少し参考になるのではないかと思います。

 では、まいりましょう。

165

 嫉妬ややきもちが強いのはしょうがありませんが、もっと不思議な事は私が田舎に帰りましたら、急に身内が仲良くなってほんの少しも確執なんかはないんだって感じになっていきます。

 喧嘩をして会いたくないわって昨日言った関係も、私を囲んでの宴会の場合はこんなに仲が良くて素晴らしい関係なんだって事を見せたいのかって・・・・・考えてました。

 でも、これが違っているんですね。

 自慢の元が返ってきている時には、全ての戦争や合戦や諍い事は終了してしまって・・・・・休戦が暗黙の内に出来上がるんですね。 私に見せたくないという事ではなくて、私が帰る事で新しいイベントや娯楽が出来上がる訳ですから、それまでの普通にある娯楽やイベントは後回しなんだって感じですね。

 それに私の話を聞きましたら、日本や世界の楽しい話を聞くことは出来ますし、トランプなどのスリリングなギャンブルだって出来るかもしれませんし、それに美味しいモノや美味しい酒を・・・・・って事も在りますから、隠すのではなくてそっちの方が今までよりも楽しいって感覚ですね。

 解り難いですか?

 ・・・・・

 愛妻の関係でも非常に面白いのですが、タイ人の場合は味方か敵かって関係になっている様に感じます。 表面的には見えませんが、言葉の端々や態度の端々になんかしらケンのなるところが見えるんですね。

 元々の本物の仲間は、どんな事があっても味方であって敵になるという事は殆どありません。 もしもって事で敵になるのはどういう場合かって確認をしてみましたら、仲間同士の諍いが勃発して、大きな喧嘩となって派閥に分裂してしまうという感じなんでしょうか。 また逆もしかりで派閥の様なモノが頭語されるって感じもあります。

 面白い関係ですね。

 但し、こんな関係でもタイ人は、表面的には本当に仲が良くて人間的な付き合いをしているといった感じです。 ですから、何度も確認や観察をして誰と誰がどういう関係なのかって事を見極めるという事は必要になってきますね。

 タイガールの伴侶がいない場合は特に解り難いところがありますからね。

 将来は移住をと考えている方は色々と今の内の準備が必要ですね。 お金の事は当然としても、タイ人額は必要不可欠な問題なのかもしれませんので、ちょくちょく紹介をしていかないといけませんね。

166今回の教訓です。

 如何ですか?

 タイランドは日本と比べて時間がゆっくりと流れている様に感じますので、この様な人の関係は日本と比べても相当に重要な事なんだと考えておいた方が良いですね。

 特に田舎の方に住みたい(私もそうですが)方の場合は、人との関係は良く見極めると言った事をされている方が楽しい移住生活になりますからね。 仲間や親戚付き合いって言うのも必要になってきます。

 内の愛妻も里帰りをしていて、今日帰ってきました。

 色々な疲れや気遣いがあった様子で、うちの帰ってきましたらほっとしてもうタイランドの田舎には帰りたくないわって言ってますが、こんな関係を小さい頃からしているんですから逆に楽しいのかもしれませんよ。

 皆さんはどういう様な感覚を受けるでしょうか? 私は楽しくてしょうがないって感覚で付き合いをしていますから、当事者ですのでもっともっとマニアックな事を経験する事が出来ていますからね。

 面白いですよね。

|

« 愛妻の里帰り ① | トップページ | タイランドの葬式に参列 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

森 様。
 ありがとうございます。

 失礼しました、直メールを頂けたらいつでもオッケーです。

 お待ちしています。

投稿: AKIさん | 2017年3月 7日 (火曜日) 午後 11時40分

まだ、日本には住んでませんよ。師匠。あやふやな表現ですみません。(^_^)。後6年のタイムリミット。また相談します。

投稿: 森さん | 2017年3月 7日 (火曜日) 午後 10時49分

森 様。
 ありがとうございます。

 そうですか、奥さんはいらっしゃっているんですねぇ。 

 飽きるという事はないと思いますよ。 確かに、何度かはホームシックにかかってきますが、直ぐに慣れてきますし、内ではタイランドには帰る気は一切ないって言っているくらいですからね。

 色々とありますが、一緒にいるのが一番幸せなんだと思います。

投稿: AKIさん | 2017年3月 7日 (火曜日) 午後 08時36分

お久しぶりです。師匠。妻が日本に来てから早3ヶ月。毎日のメールと電話。ボチボチと飽きて来ました今日この頃。タイの息子も4月から社会人になるみたいで、、、、、、、なんか大変みたいで、、。とりとめのない話ですんません。

投稿: 森さん | 2017年3月 6日 (月曜日) 午後 11時33分

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 ソンクラーは急に休んでも何ともならないのはしょうがありませんね。 ソンクラーは、何年も前から決まっているからって・・・こう言っているタイ人がいっぱいですからね。

 でも、ソンクラーはバンコクにいてもいかもしれませんね。

 ごゆっくりお休みくださいね。

投稿: AKIさん | 2017年3月 6日 (月曜日) 午後 10時29分

Aki様

今年のソンクラン仕事の予定があって帰省できないつもりでしたが、予定が延期になって休めることになりました
でもねぇ、今頃ではもうバス満席で帰れんのですわw
たまにはカオサンに水掛けに行ってみますか?ww

投稿: ekamai | 2017年3月 6日 (月曜日) 午前 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛妻の里帰り ②:

« 愛妻の里帰り ① | トップページ | タイランドの葬式に参列 »