« 俺の心は読めないのか? | トップページ | 黙って家へ帰ろうかぁなぁ »

2017年5月27日 (土曜日)

私の心は解らないの?

16

 昨日の話にリンクしますが、女性も同じ様な事を言いますね。 これは洋の東西は一切関係なく女性は、

 「貴方は本当に私の気持ちを理解していないし、理解しようともしない! どうしてそうなの?」

 こういう風に言いますね。

 お互いに似たようなもんだって私は考えてしまいますが、実は女性の場合の私の気持ちは解らないのって言うのは男とは全く違った意味が存在しているんだそうですね。 まぁそんな細かい事も男は解りませんけどね。

17

 昨日も登場してもらった知り合いの心理学者に話を聞きましたらこんな事を言っています。

 「女性の場合は男と違って気持ちが解らないのって伊能は解ってほしいと言っているのは間違いはありませんが、もっと違ったサインを発している場合が多いですね。

 

 実は、女性の場合は男と違ってお互いに分かり合っていると思ってはいません。 もっともっと私の事を見つめて、もっと私の事を知る努力をして欲しいって言うサインなんですね。 この感覚が男とは違っているところですね。 女性の方が現実的なのは間違いありませんからね。」

 違っていますね。

 実は女性は自分を解っていないというのは、どちらかと言いましたらもっと自分の方を見てくれってサインですし、もっと言いましたら、自分だけを見て自分以外は無視をしろって言うサインなんですね。

 これって全く男の感覚とは違っていますね。

 確かに女性の場合も妄想って言うのもあるとは思いますが、実は女性の場合の妄想はその時だけの煙草みたいなものですね。 瞬間は妄想を抱く事はありますが、自分が動くときは正常に戻ります。

 特にタイガールの場合も同じ様に ”私の気持ちは・・・・・”って言いますが、我々男が考えている事とは違っていますねぇ。 

 「こっちを見てよ、こっちの事だけを見てよ。 他の事は一切見ないで気にしないで私だけの事を見てよ・・・・・」

 こんな感じが普通ですね。

 愛妻や知り合いのタイガールにこんな話を聞きましたら、同じ様な感覚なんだって言いますから間違いはないんじゃないかと思いますね。 それに、恋愛時代は解らない事ばっかりだったし、完全に理解できないって言うのが普通だったけれども、一緒になってからは何でも分かるわよって言いますからね。

 本当かどうかは分かりませんが男とは違ったメッセージを出しているというのは間違いないようですね。

18今回の教訓です。

 如何です?

 俺の気持ちは解らないのか?

 私の気持ちは解らないの?

 この二つは全く同じような言葉ですが、意味は全く違っているというのをしっかりと理解しておかないといけませんし、男は解っていないんだって事を解らないといけないという事でしょうね。

 そうはいっても、私はタイガールの伴侶の事を全て理解しているかって言われましたら、半分くらいしかわからないって言うのが現状ですね。 だってその時の状況や気分によって全く違ったものですからね。

 解っているのは、自分が愛されているって感じる事と、大切にされているという事と、完全独占って言う感情ですね。 でも、楽しくて素晴らしい人生であるのは間違いありませんねぇ。

|

« 俺の心は読めないのか? | トップページ | 黙って家へ帰ろうかぁなぁ »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 そうそう、解ろうと思うのは基本的には間違っていますね。 人生もタイガールも全てはあるがままを包み込むというのが当たり前の考えなんですから、受け入れないといけません。

 うちも、・・・・って事が多くはないって行きますが、もう考えると解ろうとしようとかっていうのは超越しました。

 そのまま考えないで包み込む様にできると何の問題もありませんし、私はどんどんと人間が出来てきているんじゃないかって思える様になります。

 人間向上します。

投稿: AKIさん | 2017年5月27日 (土曜日) 午後 09時39分

Aki様

嫁の考えが、1つ判ると3つ判らない事が出てきます
結局、判らない事が増える一方ですw
理解しようとするからあかんのです

あるがまま、なすがまま
究極はこういう事なんでしょうが、なかなか悟りを開けませんww

投稿: ekamai | 2017年5月27日 (土曜日) 午後 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の心は解らないの?:

« 俺の心は読めないのか? | トップページ | 黙って家へ帰ろうかぁなぁ »