« 男女の偽装工作 ② | トップページ | 久しぶりに南朝鮮への仕事を ② »

2017年7月 1日 (土曜日)

久しぶりに南朝鮮への仕事を ①

19

 そろそろ20年近くが経ちますが、久しぶりコリアへと仕事で行く事になりました。 久しぶりですから、街並みは相当に変化をしていますが、人間関係は最悪になっていますね。

 反日と嫌韓ですからね。

 まぁ、元々は相いれる事が出来ない民族同士ですし、日本としては別に付き合う事がビジネス的にも人間的にも必要がない国ですから、あまりかかわりたくはないのですが、今回はどうしてもって事でした。

 今のコリアはどうなっているのかを報告させていただきますね。

 昼や夜や色々な世界を見てきました。 楽しい事はありませんが、今後行くんだって方は参考にしてみて下さいね。

20

 私は生粋の日本人ですから、コリアに馬鹿な歴史的な問題を突きつけられて馬鹿にされると言うのはどうしても我慢する事は出来ませんし、在日が生活保護を受けながらの反日運動というモノはどうしても受け入れる事は出来ません。 

 私も関西人ですから、在日や元在日の友人は多数いますが、生活や人生と共にできる人はいますが、かの地や未だに在日の人とは中々受け入れる事は出来ませんが、仕事ですから久しぶりの南朝鮮に行かなくてはなりません。

 南朝鮮の人に言わせると朝鮮人というのは差別用語だって言いますが、英語での表記も朝鮮ですし、元々は中国にお願いして名前を決めてもらったのが朝鮮ですから、何の問題があるのでしょうね。

 まぁ、そんな話は今回はおいておいて南朝鮮の今はどうかって話にさせて頂きます。

 ・・・・・

 私がどうしても仕事でも南朝鮮を回避していたのは理由があります。 我々が食べた料理は捨てないで元に戻していたって言うのが見えてそれからどうしても我慢が出来なくて仕事を回避していました。

 そろそろ先進国の仲間入りをしているから今までの問題はないと自分自身で判断をして、仕事で2泊3日で行く事にしました。 

 結論ですが、この国は腐っているというのが真実でした。

 びっくりをするのはいつもの事ですが、それでも私はこの2泊3日の間に恐ろしい事を経験してきました。 これから話をしていきますが、今後この国の旅行を考えている方は回避して欲しいと思います。

 こんな最悪な国は世の中に存在してはいけないと思うほどですからね。

 今日と明日とで話をしていきたいと思いますが、今日の時間は少なくなってきましたので、あまり核心に迫る事は出来ませんが、一つだけ話をさせて頂きましょうね。 ある会社の社長と一緒に行きました。

 彼は在日で、今は日本に帰化をしているのですが、たった3日間の仕事でですが、びっくりするほどのスーツケースで仕事に行きます。 理由を聞きましたら、

 「自分は朝鮮人なのに日本に帰化をしました。 素晴らしい事だと思いますが、差別をしたいというこの国の馬鹿達は、私にも日本人にも最悪の事をします。 だから私は食べ物も飲み物も全てを自分で日本で調達をしてから持ってくるんです。 バゲット超過なんかは何の問題もありませんからね。」

 元々南朝鮮人でもこんな感じですよ。

 私は無防備のままに・・・・・この国は先進国で普通になったって馬鹿な期待の為に何の防備もしないままでこの地に着きました。 恐ろしい事が私も待っていました。 苦しい48時間を過ごしました。

21 時間がやっていました。

 日本人も280万人くらいは未だにこの国に行っているみたいですが、恐ろしい事ですね。 こんな人間がいない国は行かない方が良いです。

 私はたった3日間でしたが、サバンナの空腹のライオンの前に行く方がこの国に行くよりも良いと思うほどですからね。 最悪の国への最悪の実体験をご紹介しますので、出来れば明日にもお越し下さいね。

 断絶が普通の道なんだって思う事が出来ますよ。

|

« 男女の偽装工作 ② | トップページ | 久しぶりに南朝鮮への仕事を ② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 もっともっと日本のマスコミも朝鮮のしている事をストレートの真実を出さないといけませんよねぇ。

 慰安婦問題でも、47人の生き残りで、36人はもうすでにお金を受け取っているんですからね。 完全に終了をしている問題ですが、未だに反日にいそしんでいるんですから最悪です。

 特に政治家は最悪を通り越している感じですし、かの地も最悪ですから、挑戦には行くべきではないと思いますし、断絶をしても問題もないとい思いますよねぇ。

投稿: AKIさん | 2017年7月 2日 (日曜日) 午後 12時03分

Aki様

途中で投稿しちゃったww

まずは、南朝鮮と言うところから始めんといかんです

投稿: ekamai | 2017年7月 2日 (日曜日) 午前 07時52分

Aki様

北朝鮮はNorh Koria
だったら、South Koriaを南朝鮮と訳して何の問題もない
かの半島にすんでいるのは、民俗学では朝鮮人
かの半島の言語は、言語学的にはちょうせんご

投稿: ekamai | 2017年7月 2日 (日曜日) 午前 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに南朝鮮への仕事を ①:

« 男女の偽装工作 ② | トップページ | 久しぶりに南朝鮮への仕事を ② »