« 私はこうして報復(復讐)をしました。 ③ | トップページ | 駐在員の苦悩と憂鬱 ② »

2017年8月 6日 (日曜日)

駐在員哀歌 ①

028

 タイガールとの関係で避けて通ることが出来ないのは駐在員との関係ですね。 私も友人・知人関係でも沢山駐在員がいますし、良いやつも悪い奴もいます。

 当然ですが、良い印象を与えて日本人の好感度に貢献をしている人も多々いますが、日本人の好感度を下げるのに貢献をしている人も同じ様に多々いますからねぇ。

 駐在員シリーズとして色々な人との話や噂や実際に教えて頂いた事をまとめて行きたいと思います。 あまり関係がないとおっしゃる方もいると思いますが、今後タイガールと・・・・・と考えている方は参考になるかもしれませんね。

 今日はさわりですから、駐在員の哀歌という表題で話を進めて参ります。 1週間くらい続くと思いますので宜しくお願いします。

gawkgawkgawkgawkgawk

029

 駐在員の話は色々な処から聞きますし、相談事も頂きますが、問題がある事も多いですね。 特に、日本人の駐在員は100%ミアノイを持っていると言われているのはご存知ですか?

 日本人の駐在員ほど女好きで、若い子好きな男は世界中探してもどこにもいないのが、タイガールやタイランドの夜の世界では定説ですからねぇ。

 まぁ確かに独身や単身赴任での駐在員をする場合は、現地のタイがるとの関係はないって言う人は一切ありませんね。 特に歓迎会などで飲みに(?)行く場合は、取り敢えずは洗礼を受けるんですからね。

 その後に、数か月間は知恵熱やはしかにかかったように行き倒すって事になってきますよね。 これは、例外なくこんな事があるのは間違いのない様に私も感じますが、色々と聞いた感じでも100%でした。

 その後に目覚めて日本人の好感度の向上に尽くして行く方と、目覚め方が違っていて、ミヤノイを作り出すって事になって行きますが、別に日本人の好感度を降下させない場合は別に良いとは思いますが、南朝の反日活動の様にそこまでするって感じの人がいらっしゃいますから、これは問題が多いですね。

 ・・・・・ 

 うまくタイランドの駐在生活を送っている方も沢山はいらっしゃいますが、問題を起こして日本への強制送還って事も在るでしょうし、急に家族がタイランドにやってきて、その場でバトルの開催って事も普通にありますからね。

 今までは、企業もぐるになってタイガールに不義理をしても隠匿業務に精を出している事で、そのまま終わってしまう事も在りましたが、最近では大きくはタイガールも賢くなってきましたし、スマホの普及で馬鹿な証拠がどんどんと出てきて、恥も書きますし、金も請求されますし、最近では収監って事になった例もありますから、世の中は変わってきていますねぇ。

 まぁ、タイガールとの付き合いでは逃げるという行為が一番問題ですからね。

 別れの時でもちゃんと話をする事は重要ですし、それまでもその気にさせる様な言動をしないという事をしないと、今まではタイガールだけを不幸にしていましたが、最近では自分自身も家族も会社も不幸にするという事は普通になりつつありますからね。

 すべき事としてはいけない事は守らないといけませんね。

 昔私が聞いた話では、

 「駐在をしている間は天国で何でもアリやしなぁ。 まぁ、問題が大きくならない頃に日本に帰るから、やり得って感じか・・・・・人生の選択って言うのは駐在の時に出てえくる言葉なんやろうなぁ!」

 情けない限りですね。

gawkgawkgawkgawkgawk

030今回の教訓です。

 如何です?

 世の中というのはどんどんと変化をしてきて、昔OKなモノが今では犯罪になっていると言う事が多分にありますから、常に変化に敏感になっておかないといけません。

 私の知人でも駐在はなんでもありなんだって言っている人が多くいましたが、今では変化に気づかないで壮年になって人生を潰してしまった自業自得の人が結構いらっしゃいますからね。

 特に若者は大人しくなっていますが、昔ながらって・・・・・古き良き時代(?)って思い込んでいる人は今の時代はセクハラやパワハラや結婚詐欺とまで言われるようになってきましたからねぇ。

 当たり前の事ですが、男はすべき事としてはいけない事の区別をきっちりとつけていかないといけませんね。

 悲惨な今後の人生って事にならない様にしていかないといけませんね。

gawkgawkgawkgawkgawk

|

« 私はこうして報復(復讐)をしました。 ③ | トップページ | 駐在員の苦悩と憂鬱 ② »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 本当に日本の上場企業は人(駐在員)のクライシスマネジメントもしっかりとして行かないといけないと思いますね。

 今のままでは、日本の企業は悪い意味で取り残されてしまうって事になってしまいそうです。

 名前を聞いて、流石やなぁって言われる様にならないと本当のアジアのリーダーにはなれない様に感じますね。

投稿: AKIさん | 2017年8月 6日 (日曜日) 午後 11時11分

Aki様

昔と違って、帰任したらおしまい、はありえなくなってますからね
でも、判って無い駐在員や会社はまだまだ多いですね
色々と耳にしてますが、名前を聞けば「ああ、あの会社」と言う所ほど、酷いですね

投稿: ekamai | 2017年8月 6日 (日曜日) 午後 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/67287889

この記事へのトラックバック一覧です: 駐在員哀歌 ①:

« 私はこうして報復(復讐)をしました。 ③ | トップページ | 駐在員の苦悩と憂鬱 ② »