« 駐在員の苦悩と憂鬱 ② | トップページ | 駐在員の逃げ腰と言い訳 ④ »

2017年8月 8日 (火曜日)

駐在員の楽しみと快楽の日々 ③

034

 仕事がい終わりましたら・・・・・終わるのを遅しとネオンがいっぱいの処に通っているという人がいます。 初めの3カ月から半年間くらいは入りびたりになっている人がいらっしゃいますが、これはこれで大変なんでしょうねぇ。

 ある人に聞きましたら飽きるまで通った方がその後はちゃんとしたことが出来るんだって聞いた事がありますが・・・・・通い詰める事で結構な割合の方が日本へと返らされるって言う話も聞きました。

 企業もある程度は容認や黙認をされているのでしょうが、羽目を外し過ぎてしまうという事も毛こうな割合であるみたいですね。 特に、上場企業のエリートは遊ぶことに慣れていない事がありますからね。

 年齢がいっても遊びは・・・・・になってしまう事がありますから、気を付けないといけませんが、実際には止める事が出来ないんでしょうねぇ。

sunsunsunsunsun

035

 タイランドの駐在に行きましたら恐ろしい病気にかかってしまう場合があるそうですから注意が必要ですね。 これはパッポンで昔から仕事をしていた方の話ですが、だいぶ昔に話をしたように思いますが、自分も忘れていますから紹介しましょうね。

 仕事をしているとかかってしまう病気みたいですねぇ。

 「あ~痛い、あ~痛い・・・・・仕事が手につかんほど、あ~痛い! 腹痛いわぁ・・・・・腹痛いわぁ・・・・・なんでや、腹痛いわぁ!! 途中で仕事を止めてえ、早よいかんとどうしようもないわぁ!」

 こんな感じの病気ですね。 会いたい、会いたい、お金を払いたい!って、寝ても覚めてのタイガールの事が忘れられないで、自分を必要としている可愛い女の子がいるんですから嵌まり込みますよね。

 駐在員の最初に仕事は嵌まり込みですからね。 (私も言っていますが、友人の人事部長のため息交じりの言葉ですからね)

 (友人の話の断片です)

 「内もなぁ基本的には日本では結構有名な会社なんやけど、駐在に行かせた奴はほんまに嵌まり込みよんねん。 短い奴でひと月半くらいで、長い奴は半年以上やなぁ。 給料もすべて使い果たして・・・・・どちらかって言うとまじめなおじさんの入口の奴がなぁ、猿のセンズリみたいなもんやからなぁ。 出来れば、早めに戻ってきてほしいわ!」

 とりあえずは仕事はするのでしょうが、仕事終了と同時に駆け足で夜の世界に入り浸るって感じになる人が半数どころか大半なんだって言われていますからね。 早めえの抜けが出来る人はその後には楽しいタイランドライフって事なんでしょうし、問題も起こしませんが・・・・・抜けるのも大変ですからね。

 仕事の後の楽しみなんだって言ったら、一言二言の苦言は言いますが、基本的にはプライベートですから、上司もあまりきつい事も言えませんし、最近ではパワハラって事になってしまいますからね。

 元々まじめで、あまり遊んだ事がない30代の中盤以降の人達が中々嵌まり込んだうえで抜ける事が出来ない場合はが多いですから、その後の問題はねじれて、絡まった形になってしまいますからね。

 息抜きや快楽から・・・・・真っ逆さまって事が往々にしてありますからね。

 挙句の果てに、内緒で日本からあの家族が行ってから、修羅場が繰り広げられるって事も往々にしてあるみたいですからねぇ。 人事総務の責任者の友人の憂鬱はなくなる事はないそうですね。

 そういう彼も駐在時代には相当の浮名を残していたのですが、最終的にはしっかりと整理をして、何の問題もなくして日本へと凱旋帰国という感じになりましたから、今は人事総務の責任者として後輩の尻拭いを続けていると言う事なんでしょうね。

 自分を見失うと大変を通り越してしまいますね。

sunsunsunsunsun

036今回の教訓です。

 如何です?

 駐在員だけの事ではありませんが、元々は自分自身の妄想と自分自身を見失ってしまうという原因で、自分自身のコントロールも出来なくなってしまうと言う事ですから、注意が必要ですね。

 夜の世界のタイガールが真剣に本当の事を言っているというのはありませんからね。 それはお互いに真剣になってからの話で、初めは営業トークに決まっていますから、妄信も身を滅ぼさしますからね。

 もてない男は、夜の世界で耳元で素敵とか、好きとか、一緒にいたいとかって言われると、誰が聞いてもお世辞に決まっているのに妄信をしてしまう傾向があります。 それが笑顔のタイガールだったらもっとですよね。

 一度は嵌まり込むのもしょうがないけれども、早めの帰還と本当にストレスの解消を目指さないといつもの様に違った方向へとどんどんと行ってしまって、どこにいるのか解らない様になってしまいますね。

 気を付けましょうね。

sunsunsunsunsun

|

« 駐在員の苦悩と憂鬱 ② | トップページ | 駐在員の逃げ腰と言い訳 ④ »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/67287897

この記事へのトラックバック一覧です: 駐在員の楽しみと快楽の日々 ③:

« 駐在員の苦悩と憂鬱 ② | トップページ | 駐在員の逃げ腰と言い訳 ④ »