« 駐在員の楽しみと快楽の日々 ③ | トップページ | 駐在員の逃げ帰りと隠れ蓑 ⑤ »

2017年8月 9日 (水曜日)

駐在員の逃げ腰と言い訳 ④

037

 はまり込んでしまった人は、どうするんでしょうねぇ。

 仕事もありますし、日本には家庭のある人もいっぱいでしょうから、どうしても相手から突っ込まれたり、迫られたりしましたら逃げ腰になってしまうのは間違いはありませんね。

 独身者は何の問題もありませんが既婚者は大変です。

 ここですっぱりと蹴りを付けることが出来ると問題はなくなるとは言いませんが大きくなることはありません。 でも、男という動物は引っ張ってしまいたいですし、こんな縁だからって変な理屈をこねてしまいがちですからね。

 ドンドンと深みにはまっていくのは自分自身でも解っているとは思うのですが、どうしようもなく突っ込んで行ってしまうのは普通ですが・・・・・そろそろって自分ではわかっていて出来ないんですね。

poutpoutpoutpoutpout

038

 このシリーズで登場してくれているのは友人の人事総務の責任者です。 それも100人聞いたら98人までは知っているだろうという会社の人事の要です。 酒をのみながら色々と話を聞かせて頂いて、このシリーズとなりました。

 深みが解らない男が多くて、自分自身が嵌まり込んでいるといった、冷静な自己判断も出来な良くなっている場合が多いみたいですが、実は自分の居所を知ってはいるけど、このまま離別となると勿体ないから会って・・・・・馬鹿な考え方をするんですね。

 友人曰く、

 「あの馬鹿らはなんとかなる時点で相談とかしてくれたら、良くはないけどバックアップやちゃんとした終わらせ方が出来るのに・・・・・どっぷりとつかっていたいんやろうなぁ。 あほもここまで言ったら国宝級やで! 相手も自分もドツボにはまる以外はないんやけどなぁ。

 

 内にも殆どが阿呆やから、将来のばっかりしとうねん。 仕事や家族にはちゃんとした目標も出来へん癖に、こんな時だけはいらん目標は明確やわ、将来ははっきりと見える様な感じやわ・・・・・そんなん違うところで発揮せえよなぁ!」

 不思議ですね。

 日本人は基本的には危機意識が最も出来ないんだって言われていますし、自分だけは絶対に大丈夫なんだって考えがちなところがありますからねぇ。 そろそろ危ないって自分自身で感じても、まぁ自分は大丈夫って考えてしまうんですね。

 それにこんな事をしていてはいけないって自己分析が出来ているにも関わらず、まぁいいかぁ~俺は問題ないからなぁって感じる事をもっと気を付けていかないといけませんし、相手にも不幸を与える事になりますからね。

 

 また、日本人の女性もタイガールも昔と違って泣き寝入りってモノは一切しませんからね。 他人様には、徹底的に攻撃をすっると言うのが今の女性の姿ですしね、例外はありませんからね。

 ・・・・・

 このころになって来ましたら、会社にも相手の彼女にもしていくことは一つです。

 逃げ腰と言い訳と今後起こるであろう事に対する事の事前種まきくらいの事をしだしますから、相手の彼女の事は考えませんし、仕事や会社の事も考えませんし・・・・・逃げる事ばっかりを考えているといった感じですね。

 こうなると二進も三進もいかないという感じになってきて、その時には男がする事は逃げよう、どうして逃げようって事ばっかりを考えてしまうと気う事になってきますね。 これはいけませんね。

 「自分の後始末をしっかりと考えんし、相手にも話もせんから、アリ地獄と同じ事やね。 自分の首を絞めるんや。 あほな奴はすぐに逃げようとするんや。 昔みたいに、逃げたら終わりって事はないんやけどねぇ。」

poutpoutpoutpoutpout

039今回の教訓です。

 如何です?

 昔ばあちゃんに言われました。 男は言い訳や逃げると言う事は絶対にしてはいけないんだって・・・・・私は、この事だけはばあちゃんとの約束ですからしません。

 でも、男の場合は切羽詰まってくるとどうしても安易に逃げようとするのが定説ですし、友人曰く、自分が責任を取ろうとしないで逃げようとするやつが多すぎるんだって嘆いていました。

 こんな時期になる以前には、自分自身の行動は上司や友人関係に逐一報告をして、自分の捨ている事の判断をしてもらう区癖をつけていかないと自分ではどうする事も出来ない様になってしまいますね。

 「ほんまに、こっちにケツを持って来んといて欲しいわ。 そんな阿呆な奴のお陰で会社の信用は落ちるし、日本人の好感度は地に落ちるんやからなぁ。」

 本当にそうですね。

poutpoutpoutpoutpout

|

« 駐在員の楽しみと快楽の日々 ③ | トップページ | 駐在員の逃げ帰りと隠れ蓑 ⑤ »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 う~ん確かに上場企業の駐在員は横柄な殿様が結構いますよね。 それに会社が一流でも社員は・・・って言うのは確かにそうかもしれません。

 以前に日本の一番大きい銀行の支店長と話をし提案したら、アジアへの駐在は出来なお悪い人を送っていた時期があったって話聞きました。

 本当かどうかは解りませんが、2流、3流の人がタイランドに集まってきていたのかもしれませんねぇ。

 最近では問題も少なくなってきているって話を聞きますが、どんな風に変化しているのかも調査してみないといけませんね。

投稿: AKIさん | 2017年8月 9日 (水曜日) 午後 08時42分

Aki様

TGと問題を起こして逃げ帰った駐在員を少なからず知ってますが、全員東証一部上場企業の駐在員なんですよねw
確かに会社としては一流かもしれませんが、その構成員たる社員も一流か、って言われると、私は否定しますねw
そういう会社ともビジネス上の付き合いはありますが、概して「殿様商売」ww
個人的には、仕事したくありませんし、それらの会社の商品は決して購入しませんww

投稿: ekamai | 2017年8月 9日 (水曜日) 午後 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/67287903

この記事へのトラックバック一覧です: 駐在員の逃げ腰と言い訳 ④:

« 駐在員の楽しみと快楽の日々 ③ | トップページ | 駐在員の逃げ帰りと隠れ蓑 ⑤ »