« 私の父ちゃんは金持ちでテワダーよ ① | トップページ | どうしても遊ぶことは出来ないわ »

2017年9月24日 (日曜日)

私の父ちゃんは金持ちでテワダーよ ②

Photo_76

 不思議ですが子供の頃から自慢話は大好きなのがタイガールの特徴ですよね。 これでも内の娘は自慢をする事が少ない方なんだって事ですからね。

 それからタイガールは、反対側の嫉妬を表に出して反撃をしてきます。 別に羨ましくはないけど、貴方言っている事は大した事はないのよって反撃ですね。

 このチビ達の応酬を聞いていると、大人顔負けですからね。

 まぁチビの場合は大げさな表現や妄想的な表現がありますから、聞いていても楽しいですが大人になったタイガールの話もこれに準ずる様なものですから、この事に関しては成長はあまりないのかもしれませんね。

Photo_77

 姪っ子の場合は、普通のタイ人同士も娘です。 父親や母親が出稼ぎに行っていて祖父母が孫の面倒を見ているって感じですから、田舎もん同士の自慢の仕合では大して性つく事はありませんね。

 ですから、子供達は自慢の範囲を広げようとするんですね。

 内の姪っ子の場合は私ですね。 生まれた時から内の娘がパパって呼んでいますから、姪っ子も周り近所の子供も全て私の事をパパと呼びます。 近所の子は娘のパパっていう意味で、姪っ子の場合は一番トップのボスで家長で親分なんだって感覚みたいですよねぇ。

 ポー(父親)は、小さな車を持っています。 これは誰でも持っているモノと同じですし、田舎の家も私もモノですし、全てがボスで親分のモノですから、姪っ子の場合は生みの親と育ての親が存在をしている事に切り替えている様な感じです。

 近所の人にそういう様になってきました。

 「うん、ポーは何もできないしお金もないけど私にはパパがいるのよ。 パパはね神様よりも偉いし、世界でも凄い金持ちなんだからお願いしたら何でも買ってくれるし、どこにでも連れて行ってくれるのよ。

 クルンテープなんかは何回も言っているし、食事にプールに遊びに・・・・・凄いのよ。 それにね、この前は飛行機も買ってくれて、私をクルンテープまで連れて行ってくれるんだからね。 えっ何? 貴方のポーじゃないから関係ないんじゃないかって・・・・・何言っているのよ私はパパの娘なのよ。 私に何でもしてくれるんだし、ルック・サオって言ってるし」

 こういう風に負けそうになってくると話の範囲を広げていきますし、逆に狭める事によって自分を有利にすると言う事も在ります。 それでも出来ない場合は、嫉妬で反撃をすると言う感じですね。

 これでもうすぐ5歳児です。

 口から先に生まれてきたのかって思わるほどの姪っ子ですが、実はこれは違っていてほとんどのタイガールのチビはしゃべりです。 また、なまいきでおませさんです。 周りの大人達は否定も肯定もしませんし、微笑んでいるだけですから大人になっても同じ様な感じになるのも仕方がありませんね。

 生まれた時からこんな感じでどんどんと下地を作り上げて、そうして輪が掛かって行って、今のタイガールに成長をしてくるんですね。 

 「私にはね、旦那さんがいるのよ・・・・・」

 

 内の愛妻が言っていますが、ね、姪っ子の話を大差ないでしょう。

Photo_78

今回の教訓です。

 如何です?

 元々自分の父ちゃんは金持ちでテワダーなんだって思い続けていますし、それが大きくなって馬鹿な父ちゃんにならなければそのまま自慢する感覚は変化しません。

 また、こんな感覚がどんどんとファザコンにしていくって事なんでしょうね。 愛すべき女性がこうして出来上がっていくんだって事ですが、今度の自慢の対象が父親から旦那に変化していくんです。

 娘と愛妻が自慢しまくっていますから、私は答えるというよりは道を外さない様に頑張るって事をしないといけません。 その上最近では姪っ子までそこいら中で私の自慢をしていますからね。

 若しかして、これって、昔からタイにはダメンズが山盛りでしたので、女性達のダメンズコントロールの在り方なんじゃないかって最近感じる様になりました。 ほめ殺しで、しっかりとさせる方法論ではないでしょうか?

 まぁ、勘ぐりすぎかもしれませんが、そう思えるものが出てきているって言うのも確かですけどね。

|

« 私の父ちゃんは金持ちでテワダーよ ① | トップページ | どうしても遊ぶことは出来ないわ »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の父ちゃんは金持ちでテワダーよ ②:

« 私の父ちゃんは金持ちでテワダーよ ① | トップページ | どうしても遊ぶことは出来ないわ »