« 最近の夜の街事情 ① | トップページ | 閑古鳥と繁盛の狭間に立って »

2017年9月 5日 (火曜日)

最近の夜の街事情 ②

Photo_19

 昨日の下降傾向著しい業態は5種類だって言いましたが、実際には全てが下降傾向をたどっていると言っても良いかもしれませんが、GOGOバーだけは表面的には頑張っている様に感じますよね。

 確かに、3大GOGOバーのパッポン完全に死に体になりつつありますが、まだまだ死に体になっていないのがナナプラザですね。 まだまだ、元気に頑張っているって感じです。

 最近ではカウボーイは、ブレイクしつつあるって感じですよね。

 通りからはみ出してみ誠也人や女の子がひしめき合っているって感じがありますから、行くなら今の内かもしれません。 その内、繁盛し過ぎで取り締まりの対象って事になりますからね。

weepweepweepweepweep

Photo_20

 先日風俗を経営をしている数人と酒の会で話をしましたが、完全に斜陽産業になっているって事を言っている人がいらっしゃいましたからねぇ。 経営者がこう言ってしまうとその企業や業態はお仕舞ですからね。

 その中話が出ていましたが、

 「元々タイランドの風俗関係者は体を売るってk十をすると後は何もいらないんだって考えているところがあって、新しい業態やお客の為にどうしようかって考えるという事はないかったからねぇ。

 

 最近ではタニアなんかで日本人が経営をしているところではまだまだ繁盛をしている店があるけど、させるだけって処はもう駄目だよね。 変化をさせないと生き残る事は出来ないのはどの業界も同じだね。」

 当たり前の事を今更って会話ですよね。

 どの世界でも革新と想像がなければ衰退をしていくのは当たり前の事ですし、風俗とはさせるだけの事なんだって経営者が考えているとお客はリピーターにならないのは当たり前の事です。

 風俗関係で一番重要な事はどうしてリピーターを作るのかって事ですからね。

 この感覚がなければ、お試しで安くしていてもその後には続く事はありませんし、お店の維持なんかは出来る筈はありません。 顧客を楽しませないのであれば風俗はしてはいけませんよね。

 これって難しい世界なんですからね。

 特に風俗が一番栄枯盛衰が激しい世界だって事をタイランドの経営者は考えていないのが第2番めの責任でしょうね。 タイランドの風俗の下降傾向の原因はこの3点ではないかと思います。

1. タイガールの従事者が減少

 

2. 経営者の考え方が古くて革新性と創造性がない

 

3. 観光大国への梶切と女性観光客の誘致

 まぁ、こんな感じなんでしょうが、タイガールとの出会いがどんどんと減っているというのが一番の問題の様に感じますね。 だって、普通の人が田尾ガールと遭遇をするのは風俗の世界が手っ取り早いんですからね。

 でも、どこにもいないって世界がそこまで来ているのかもしれませんね。

weepweepweepweepweep

Photo_21今回の教訓です。

 如何です?

 私の友人・知人も年齢が高くなってきているという原因もありますが、ドンドンとタイランドへのリフレッシュ旅行が減少をしているって言うのが明らかですね。

 みんな一様に言うのがタイランドには、タイガールがいなくなっているから一転も面白くもないし、楽しい疑似恋愛もする事が出来なくなってきているって言っていますからねぇ。

 風俗の総崩れは必然なのかもしれませんね。

 元風俗研究家の人間としては寂しい限りですが、何か一石を閉じたい気持ちでいっぱいですね。

 もしも俺がタイランドの夜で風俗のお店をしたら繁盛間違いなしなんだけれどもねぇって言えで冗談で言ったら、爆弾は何発も爆発しますし、湯沸かし器は沸騰したままだし・・・・・恐ろしい事になりました。

 見守る以外の道はなさそうですね。

weepweepweepweepweep

|

« 最近の夜の街事情 ① | トップページ | 閑古鳥と繁盛の狭間に立って »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 私も水商売をしていますが、基本的にはリピーターをどうして作るかって事が一番重要なのは間違いありません。

 その場限りで、少し儲けるって感覚が少しでもありましたら、お客さんは帰って来る事はありませんね。メリットがない処には帰ってこないのが普通ですからね。

 夜の世界も昼の世界も飲食の世界も基本的には同じ事ですね。 内の愛妻も出来ればお店をしたいって言い続けていますので、この辺の事を口が酸っぱくなるほど言っていますが・・・まだまだ理解をしていないのが現実ですね。

 でも、私も一緒にお店をしたいですし、昔からの大きな夢ですからね。

投稿: AKIさん | 2017年9月 6日 (水曜日) 午後 10時24分

Aki様

私は日本人クラブにしか行きませんから、GoGOやお風呂屋さんの現状は良く判りません
数年前までは、ほぼ置屋という日本人クラブが結構はやってましたが、一瞬でしたねw
基本はカラオケなんですから、カラオケをしつつ女の子と会話を楽しむのが基本です
するだけなら、お風呂屋で十分だし、もっと言えばタチンボさんでも良い訳ですw
日本人クラブも斜陽だと思うんですが、それでも週末には入れないほど混んでるお店もあるわけです
仰るようにリピーターになって戴く事を考えてるお店が繁盛してるように思います

投稿: ekamai | 2017年9月 6日 (水曜日) 午後 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/67916460

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の夜の街事情 ②:

« 最近の夜の街事情 ① | トップページ | 閑古鳥と繁盛の狭間に立って »