« 私についてこないで誰について行くの? | トップページ | 親戚の嫉妬の嵐は止まらない ② »

2017年10月14日 (土曜日)

親戚の嫉妬の嵐は止まらない ①

40

 タイガールとの人生においては色々と大変な事はあります。 一番大変な事は、急に親戚が増える事と親戚による嫉妬の嵐が止まらないという事が大きいですね。

 普通は親戚なんですから嫉妬しないで仲間内の方が良い様に感じますが、タイランドでは一番の身内に敵がいる場合がありますから、注意が必要ですよね。

 内でもご多分に漏れずに・・・・・です。

 しかしびっくりするのは、あからさまな嫉妬や嫌がらせがありますからね。 まぁ、嫌がらせって言うのはある事ない事を周りにまき散らすって事が基本ですけどね。

 なんか寂しくなってきますね。

41

 不思議な事ですが親戚は大きく分けると2種類に分類されます。 説明をするまでもなくて、嫉妬しない親戚と嫉妬が止まらない親戚とに分かれます。

 まぁ、日本でも同じ様なモンです。

 でも、日本の場合は知らず知らずの内嫉妬をしていますが、あまり問題になると言う事はありませんね。 表立った場合は恥ずかしいですからね。

 でも、タイランドの場合は恥は一番最悪だって思っているプライドの高い民族なですが、これが不思議を通り越していますね。 そこまであからさまに、自分自身の小さなプライドまで投げ捨ててなりふり構わず何でもありで嫉妬をして、周りに最低なんだって事をCMするんですから。

 そこまで宣伝しないでも良いんじゃないかって思うのですが、嫉妬しだしましたら止まる事はないのかもしれませんね。 日本的な感覚でしたら驚くを越していますし、そこまでしたらそれで関係はお仕舞ねって言うのが普通な感覚ですが、これがタイランドの文化の場合はある一定の時間が過ぎましたら、文句を言い合いますがまた昔の様な関係に戻っていくんですから・・・・・驚き桃の木山椒の木ですよね。

 日本的には終了が、またまた元に戻るって感覚ですからね。 この感覚を知っておかないと、私なんかは心が疲れるって事に陥ってしまって、寝込んでしまう感じですから体の事は気を付けないといけません。

 ・・・・・

 親子関係も兄弟関係も親戚関係も崩壊をするんですが、これがその内ゾンビの様に生き返ってしまって何事もない様な関係に元通りに・・・・・そこまでもめたんだから確実に崩壊をしたなぁって思っていましても、その内時間が解決をするのか、血が呼び合うのかは知りませんが元通りが普通ですからね。

 崩壊をしたと考えてはいけないと言う事です。

 まぁ、日本的な感覚でタイ人の家族や兄弟や申請の概念を考えているとえらい目にあってしまいますからね。 もう二度と付き合わんわって言葉は、何もかもを解消をして新しく付き合うんだって意味なんだって初めて知りました。

 気を付けないとね。

42

 時間がやってきました。

 嫉妬が止まらないという話でしたが、その前提条件や血の繋がりとはこんな感じだって事を知っておかないと、タイガールとの関係では後手に回ってしまって自分だけが悪いと言う事になりかねませんからね。

 血は濃いと言いますが、タイランドでは相当に濃いモノなんだって考えておかないといけませんね。

 では、明日も同じ話題で話を進めていこうと思います。 お暇な方は是非お越し下さいね。

|

« 私についてこないで誰について行くの? | トップページ | 親戚の嫉妬の嵐は止まらない ② »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親戚の嫉妬の嵐は止まらない ①:

« 私についてこないで誰について行くの? | トップページ | 親戚の嫉妬の嵐は止まらない ② »