« 友人の嫉妬は止まらない ① | トップページ | 阿呆な男は変化をする事はないかも »

2017年10月19日 (木曜日)

友人の嫉妬は止まらない ②

55

 嫉妬という表題ですから嫉妬での話をすべきですが、タイガールには友人関係が複雑なところがありますのでその辺を理解をすると嫉妬という感覚が見えてきますからね。

 私も愛妻との関係は一回りをしましたが、長年苦しんできましたし、何度も地雷踏んでしまって・・・・・って事になっていましたが、最近やっと友人関係の相関図が理解できるようになってきました。

 初めからストレートに聞き出すという事が出来る様になってきたという事なんですけどね。

 特にタイガールの友人関係は複雑で大変なものがありますから、しっかりと見定めておかないといけませんよね。

56

 不思議なものですが女子には嫉妬というモノがつきものですが、タイガールは本当に愛されて愛している人との生活に満足をしている場合はあまり他に対しての嫉妬はしないのが普通なんですねぇ。

 (その事は忘れていけません。 自分自身に当てはめてみてもしも、相手のタイガールが人様に対して嫉妬が酷い場合は、今現在に満足していないんだってサインですからね。 確認をしてみないといけませんよね。)

 内もたまには夫婦喧嘩をしますし、その場では修礼に不安がみなぎっていく事も在ります。 また、愛妻にすると自分は愛されていないんじゃないかって不安になる事も在ります。

 夫婦ですから、そう言う事もたまにはありますね。

 不思議ですがそういう個々の不安感が強くなってきましたら、昨日の分類の大嫌いだけれども・・・・・っていう親友関係ではない人に嫉妬を見せる事があります。 嫉妬というのは現時点でのタイガールの心の動きなんだって考えると解りやすいのかもしれませんねぇ。

 ・・・・・

 もっと面白いのは、タイガールには自分自身にライバル心がむき出して、知らぬ間に嫉妬の嵐を浴びせてくる友人(???)が、1人~3人くらいいるのはご存知ですか? 普通の時にはその相手を嫉妬させて、からかっているんですからね。

 相手は一番のライバルだって思っているんですが、本人は歯牙にもかけていないという関係ですね。 

 こういう関係の相手には同情心も出してはいけませんし、同じ様になるという事もしない方が正解ですね。 たまには相槌を打つくらいで、適当にあしらっていると言う感じの方が良いですよね。

 やり方を間違いましたら、矛先はこちらに来てしまう事がありますからね。 注意が必要ですよね。

 タイガールの面白い友人関係ですし、不思議な心の動きですが、これは生まれて幼稚園を卒業する事から死ぬまで続きますから、我々はちゃんと理解をして、ある程度の方法論を持っておかないといけませんね。

57今回の教訓です。

 如何です?

 タイガールの友人関係は結構面白いものがありますから、自分が知っている子を分類してみるのもひそかな楽しみなのかもしれませんね。

 特に親友で仲間内は特別な関係ですから、ほんの少しでも否定をするという事はタブーです。

 自分の事を言われていると勘違いする事が往々にしてありますからね。

 私も昔は愛妻の友人関係は適当でどうでもいいかなぁって思っていましたが、これがちゃんと理解をして知っておくという事は夫婦間の今後の生活においては非常に重要な事に気が付きました。

 その後は変な喧嘩や冷戦はなくなりますから、皆さんもご自分の処の事も検討されるといんじゃないかと思います。

 面倒くさいですがその分素晴らしくて楽しい人生を送ることは出来案すし、夫婦和合が続くんですからちょっとの事くらいは目をつぶって頑張らないといけませんね。 お互いに頑張りましょうね。

|

« 友人の嫉妬は止まらない ① | トップページ | 阿呆な男は変化をする事はないかも »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 内の場合は嫉妬とやきもちはそれはそれはタイガールの中でも頂点にいるんじゃないかと思えるほどですからねぇ。

 恐ろしい限りです。

 付き合っている時にはそれほどでもないと思っていたんですが、これは気を使っている為で結婚してしまいましたら、ストレート感に磨きがかかってきまして・・・ですね。

 まぁ、嬉しいっちゃ嬉しいのですが、大変な気がします。

投稿: AKIさん | 2017年10月21日 (土曜日) 午前 09時49分

Aki様

うちのはそれほど嫉妬深くは無い(様に見える)んですが、それでも多分内心は相当嫉妬深い感じですw
口では関係ないわ、って言いますが、ホントに口先だけですからね
夫婦でこれですから、恋人同士は地雷原の中に居るのとおんなじですねw

投稿: ekamai | 2017年10月21日 (土曜日) 午前 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人の嫉妬は止まらない ②:

« 友人の嫉妬は止まらない ① | トップページ | 阿呆な男は変化をする事はないかも »