« タイ犬のファームに行ったぞ! ② | トップページ | ダメンズからの相談事 ② »

2018年1月29日 (月曜日)

ダメンズからの相談事 ①

64_2 タイランドの私の周りには結構おタイのダメンズがいますが、愛妻からはそんなバカ者とは付き合わない方が良いんだっていつも怒られています。

 (元の一番のダメンズは愛妻の兄貴でしたからね)

 でも、このダメンズとの話は反面教師の様でとっても勉強になる事がありまして、今でも付き合いがあります。

 その一人のダメンズから相談事を受けました。

 普通は、人生の相談って言うのは一切なくて、その場その場が楽しければOKだって言うのが彼等の基本ですからね。 そんな彼の相談事ってどんな内容何でしょうねぇ。 気になりますよね。

65_2

 「AKIさん、実は相談事があるんですが・・・・・時間をとってもらえませんか?」

 こんな電話がかかってきました。 こんな場合は、相談事ではなくて食事か酒かってたかる時の常套手段なんですが、声真剣みがありますから、愛妻の苦言を押しのけて会って話を聞く事にしました。

 但し、金の無心やモノの無心の場合は無条件に帰るという簡単な条件を付けてあって相談に乗ろことにしました。

 ・・・・・

 「なんや相談って言うのは?」

 

 「実は好きな人が出来たんですよ。」

 

 「はぁ~それがどうした? そんな恋愛話は俺に話さんでも一人で考えて適当にせえよ。 いつもの事やろう!」

 

 「それが実は簡単な事ではないんですよ。 〇〇会社の社長令嬢で・・・・・彼女は真剣ですし、自分も真剣なんですよ。 でも、両親には何も話をしていなくて、俺みたいな風来坊がどういう風にしたら良いのか解らなくて、AKIさんに相談しないと誰にも解らないだろうって考えてるんです。」

 

 「そりゃ諦めた方がええなぁ。 お前とは住んでる世界も格も何もかもが違うんやからなぁ。」

 

 「そんな冷たいこと言わないで下さいよ。 僕は今までと違って真剣ですし、どうにかして彼女との恋愛を授受させたいって考えているんですからね。 何とかアドバイスをお願いしますよ。」

 ⇒ どう思います。 真剣に彼女との関係を考えていると思いますか? 元々は適当だったのに相手の両親が有名企業の社長だって事になってから、何とか逆たまに乗れるんじゃないかって事で私のところに来た次第です。

 少し話を聞いているとそんなところが見え隠れしますから、適当にあしらったのですが、こういう場合はダメンズも真剣になってくるんですね。 まぁタイランドの場合は、逆玉って言うのは基本的にはありませんからね。

 金持ちは金持ち同士が基本ですからね。 

66_2 時間がやってきました。

 ダメンズの相談事ってこんな感じですからね。 ただ、逆玉というのはタイランドには無縁なモノなんだそうですねぇ。

 玉の輿というのはたまにはあるそうですが、男が金持ちのところへというのは難しいみたいですよね。

 明日もこの手のネタをしたいと思いますので、於保茉奈方のみお越し下さいね。

|

« タイ犬のファームに行ったぞ! ② | トップページ | ダメンズからの相談事 ② »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 そうでしょうねぇ・・・ダメンズが逆たまに乗れるという事は相当に壁が高いですから難しいですね。

 男は諦めが肝心ですからね。

投稿: AKIさん | 2018年2月 5日 (月曜日) 午後 03時53分

Aki様

やり方によっては可能性は無くは無いと思いますが、タメンズが完遂できるとは思えませんから、ほぼ見込みは無いですねw

投稿: ekamai | 2018年1月31日 (水曜日) 午後 04時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダメンズからの相談事 ①:

« タイ犬のファームに行ったぞ! ② | トップページ | ダメンズからの相談事 ② »