« 安心感と不安感の狭間で ② | トップページ | 世の中の流れは女に向かう »

2018年2月10日 (土曜日)

私の言っている事が理解できないの?

10_4

 「どうして、どうして、私の言っている事は解らないの?」

 この様な事は言われた事はありますか? 結構の日本人男性は直接的ではなくてもほとんどの場合は言われていると思います。

 どうしてこんな事を言われるのでしょうね。

 実は世界中の男の中で女の気持ちが解らないランキングのベスト3に入っていますから、女の事が理解できないんですね。

 特にタイガールと話をしましたら、日本人男児は解り難いって言いますからね。

11_3

 情けない話ですが日本人男性は女の気持ちが解らない言われてい久しいですし、解る様な努力もしていないというのが現実ですね。

 まぁ、偉そうに言う訳ではありませんが、私は自分の気持ち100%解らないんだから人の気持ちなんかはわかるはずがないって、公言している男ですからね。

 そんな男がタイガールとの人生を選択をして、色々と苦労を重ねて崩壊の危機まで乗り越えているという状況です。

 私の事はさておいて、タイガールからの話を聞きましたら、気持ちが解るとか解らないと改善に日本人の場合は、解ろうとする気すら感じられないという評価を受けているのが現状です。

 解ろうとしない!

 確かにそうなんでしょうねぇ。 人様の事はあまり解りませんが私は解ろうともしませんでしたし、私の周りにも解ろうと努力は無駄なモノなんだって考えている輩がいっぱいですからねぇ。

 ・・・・・

 「内の旦那さんは私の気持ちなんかは全く理解していないし、理解しようともしていないのが解るんだけれども、それでも一緒に人生を歩んでいこうって言われて、将来の話もいっぱいしてくれたから、今解らないでもその内つうっじ合う事が出来るんだろうなぁって考えたのよね。

 でもまぁ、今でも解っていないというのが正直な所かなぁ。 それでも、一緒にいて一緒に歩いていこうと考えているのは、必ず先の話をして一緒に目標を掲げてくれるから、安心している事が出来るのよね。 でも、たまには気持ちくらいは察する努力くらいはしてほしいモノなんだけどね。」

 いつもこういう風に言われています。

 他の方達の事は解りませんが、私は人の気持ちを察すると言う事は苦手です。 その上、自分の気持ちも察せられるのも苦手ですから、愛妻には

1. 将来や今後の方向性の共有化

2. 考え方や実務も共有化

3. 良い事も悪い事も共有化

 この3点を基本として愛妻と向き合っているという生活です。 日本人的(自分的に)に、気持ちを汲み取ったり、察したりって事が出来ないんですから違った形で向き合うというのも良い方法かもしれませんよ。

12_3今回の教訓です。

 出来ない事を何度も練習をして出来る様になるというのも方法でしょうが、出来ない事は認めて自分の違った能力なのかやり方で向き合うと言う事も重要ですね。

 私のや在り方が良いというのではありませんが、参考にしていただけると良いのかなぁって考えます。

 だってタイガールから日本人は気持ちが理解する能力がないと言われるのも癪に障ります。 そう言いながらでも出来ないものは仕方がないという感じですからね。

 皆さんもご自分のやり方や方法論を見つけて頂いて、タイガールとの人生を謳歌してくださいね。

|

« 安心感と不安感の狭間で ② | トップページ | 世の中の流れは女に向かう »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 私んところは、「旦那さんは私の気持ちは一切解らないけれども、私は旦那さんの気持ちは手に取る様に解っているわ。」

 これが基地癖ですが、実はお互いに解り合えていないと言うのが正直なところなんでしょうね。

 仰る様に、言動や何かを一緒にすると言う行為をしているから同じ方向に向いているし、同じなんじゃないかって感じる事が出来る様子ですね。

 これが一番大切な様に感じます。

投稿: AKIさん | 2018年2月11日 (日曜日) 午後 12時56分

Aki様

嫁の気持ちや考えてる事は、理解したいと思ってますが、結局のところは「理解不能」と言うのがホントのところかとww
多分嫁も私の考えは理解できてないと思います
でも、同じ方向へ向かうことと、出来事は全て共有することで、多少補えてるかなと思ってます

投稿: ekamai | 2018年2月10日 (土曜日) 午後 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の言っている事が理解できないの?:

« 安心感と不安感の狭間で ② | トップページ | 世の中の流れは女に向かう »