« お鍋はどんどんと増加中 ② | トップページ | 冗談ポン! なんで信用が出来るのよ »

2018年6月 9日 (土曜日)

幸せの選択肢はなに?

64 皆さんにとっての幸せの選択肢は色々とあると思いますが、何を中心にお考えでしょうか?

 家族や仕事や趣味や・・・・・色々とありますよねぇ。 

 私は十数年前に考えたのは、男としての幸せとはどういうモノなんだろうって事を真剣に考えました。

 そこでたどり着いたのが今の愛妻で、この子を伴侶にする事でこの子を100%幸せにする事は出来ないかもしれないけれども、自分自身は1000%男の幸せを得る事が出来るんだって考えました。

 大正解でしたね。

happy01happy01happy01

65  日本人の基本は「和」ですよね。 和を乱さないのが日本人の基本姿勢です。

 キリスト教関係や欧米での基本は「愛」です。 ですから、家族に問題があったら、どん大切な仕事があってもキャンセルは普通ですし周りも当たり前と考えます。

 中国や朝鮮は「孝」と「忠」です。 負け犬の遠吠えの宗教といいますか学問といいますか、儒教(朱子学)の基本ですねえ。 

 元々各人は昔からそれが普通だったと考えていますから、その地域では変に思われる事もありませんし、自然とその行動をしていますが、実際には本当の男の幸せとはいかなるものなんでしょうか?

 色々と取りざたされていますし、人それぞれも意見や考え方もあると思うのですが、私は10数年前にはこういう風に考えました。

 私の周りの先輩のところや親の事や周りを見ていきましたら、夫婦の家庭内別居って言う感じは普通みたいでしたし、男はどちらかといいますと好き勝手をしていますが、家の中では粗大ごみ扱いって感じが強く見えました。

 それを嫌がっていた私も実はそんな生活を選択していたって事ですね。

 でも、長年タイランドとの関りや仕事の関係や友人関係がありましたら、少しずつ良さも見えてきます(当然ですが、悪いところもいっぱいありますが・・・・・)。 それにタイガールの性格も見えてきます。

 (お間違いのない様に、解った気になっていただけの事なんですが・・・・・)

 一番の私の望みは、自分が愛する人の徹底して頼られて、メインとされて大切にされると言う事でした。 孤独感を愛していたのに、孤独感を一切なくして愛する人に係わり続けて欲しいという選択でした。

 目の前には独占欲が強くて、嫉妬とやきもちに優れていて、自分の愛する人だけは世界で一番素晴らしいんだって思い込むことが出来て、生涯愛情がすぼんでいく事がなくて、そうして我儘で自分勝手で自己主張が強くて・・・・・最低の分類に入る女性が目の前にいたんですよね。

 タイガールの愛妻です。

happy01happy01happy01

66今回の教訓です。

 お解りですか?

 それまでとは正反対の生活になってきました。 スケジュールや何時に帰るのかって事も聞いてこなかった生活から、根掘り葉掘りって生活に変更されてきました。

 帰るとペタペタって事ですし、何人でカバーをしているのかって程の煩さだし、耳掃除に爪切りに体洗いに・・・・・幼子への対応の様な対応です。

 それに煩いを通り越すほどの愛情感と束縛感と非孤独感と父親好きの三歳児の娘の様なスキンシップ感と滞りのない閨の世界とで充実しきっていますが、これって男としては最高の幸せの様に感じます。

 皆さんの幸せの選択はどんなものでしょうか?

 これからも考える事が出来る方は私の選択も選択肢の一つとして考えて頂けると非常に有意義な人生を過ごす事が出来ますからね。 今日も帰っていっぱつしようかって言って家を出てきました。

happy01happy01happy01

|

« お鍋はどんどんと増加中 ② | トップページ | 冗談ポン! なんで信用が出来るのよ »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 確かにドイツは仕事の先進国ですねぇ。 日本もそろそろ働き方を考えないと世界からおいていかれるような時期に来ていますからね。

 過労死をするほどの仕事をしてはいけません。 私はどちらかといいましたら、仕事が趣味の様なものですから、好きな様にしているというのが現実ですが、自分で休憩や休みのコントロールはする事が出来ますから倒れる事はありません。

 最近では家族との時間をもっと大切にする事が出来る様になってきました。

 手記が仕事から家族との時間を過ごすと言う事に変化してきているんでしょうねぇ。

投稿: AKIさん | 2018年6月12日 (火曜日) 午後 02時25分

deki 様。
 ありがとうございます。

 奥様との関係やタイランドの田舎への移住は本当に素敵です。 自然と家族を一緒に暮らすって言うのは素晴らしいですね。

 タイランドは嫉妬が結構強いですが、田舎は相当にきついんだって聞いていますから、これからのお付き合いは大変なのかもしれませんね。

 でも、こちらから飛び込んでいく事が出来ると直ぐにでも仲間になれますから、楽しい生活が待っているのでしょうね。

 dekiさんは還暦あたりで移住をするんでしょうね。羨ましい限りです。

 私も同様に一人を愛し愛されての生活を送り続けたいと思います。

投稿: AKIさん | 2018年6月12日 (火曜日) 午後 02時21分

Aki様

社会人になって数年目に大恩人で大好きだった先輩が過労氏しました
しかも、新婚1ヶ月で…
当然仕事人間で月の残業が150時間以上は当たり前
そんなに会社のために頑張ってたのに、会社からはスズメの涙ほどの見舞金だけ
その数年後、欧州駐在となり、残業が全くない仕事ぶりを見、残業は悪、と言う今の思いが生まれました
ちょうど今週来週とドイツ本社に出張中なんですが、週40時間が定時
8時間5日でもいいし、9時間4日で金曜日は午前中だけどね、なんてのもOK
ヨーロッパ、特にドイツは働き方は先進国です

投稿: ekamai | 2018年6月12日 (火曜日) 午前 01時52分

こんばんはAKIさん

私には幸せの選択肢はございません(笑)
今十分幸せで愛されているので。

私はタイの移住準備をしています。
先ずは、水牛を2頭購入。実家で飼っています。
来夏嫁をタイ帰省させ、5ライの土地と家を購入させ水牛を2頭追加する予定。いずれは20頭までつもりです。
田舎なので水牛を購入しただけで近所の妬みが凄い。
土地や家の購入は口外しないようにと言っています。

野菜や水牛を育てる自然な生活を家族と生活できればこれほどの幸せはないと私は感じます。
もう年なので浮気はしたいと思わないし、最後の愛する女を愛し続けたたいと思います。

投稿: deki | 2018年6月11日 (月曜日) 午後 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/71023817

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの選択肢はなに?:

« お鍋はどんどんと増加中 ② | トップページ | 冗談ポン! なんで信用が出来るのよ »