« 崩壊から起死回生の幸せな生活 ② | トップページ | 一穴主義は一番の幸せをもたらす »

2018年7月20日 (金曜日)

愛する愛妻としないのは何故?

88

 皆さん、家でしていますか? 何をだって、SEXに決まっているでしょう。 熱い恋愛の末に結婚したのに家庭内離婚とか、セックスレスって言うのはいけませんよねぇ。

 SEXは健康のバロメーターですからね。 それに、十分にエクササイズになりますから、し続けて行かないとね。

 する事でのメリットは山盛りです。

 それに一番のメリットは、食事は良くなるし、態度は良くなるし、何もかも家の中では王様や貴族になる事が出来ますからね。

 夫婦和合はSEXからですね。 (って、最近弱くなっている奴が言うか?って、でもね)

 10年くらい前にSEXをしっかりする事で前立腺肥大にはならないし、前立腺がんにも効果があるって事を書きましたら、めっちゃ批判を受けましたが、ネットなんかでも最近は間違いないって言われています。

 また先日面白い記事を読みました。

 男も女もSEXをしっかりできている人は年齢よりも相当に若く見えて、見えるだけではなくてすべての面において若いんだって事も検証する事が出来たって言われていました。 

 素晴らしいですね。

 人間だけではなくてSEX(繁殖行動)をしなくなった時点で直ぐに、老化が始まってしまって、死へと一直線なんだって子とも言われています。 しなくても生きていけるのは人間だけなんだって事も聞きますが、出来れば健康で若々しく起きて生きたいものですからね。

 家出ししなくなったって事のアンケートでは、こんな感じの事がありました。 上位3つの理由を見てみましょうね。

1. 馴れ合いになって、お互い(?)に性的魅力が低下してしまって・・・・・異性に見えない

2. 子供などがいる所為でし難くなって、そのままなくなってしまった。

3. 疲れて・・・・・仕事が・・・・・って言い訳をする内に、出来なくなってきた。

 この3っつが、大きな理由なんだそうですがこれって私に言わせましたら、言訳をしている様に感じますよね。 SEXや仕事でもしない理由や出来ない理由はいくらでも言う事が出来ますからねぇ。

 不思議ですが、昔から疲れマンって言うくらいですからね。 疲れるとしたくなるのは男の性です。 魅力が・・・・・って、お互いにコスチュームやAVや色々な方法で性欲を高める事も出来ますし、子供の問題では、最近は昼間のラブホテルなどはランチに毛の生えたくらいで利用も出来ます。

 最初にしない、出来ない理由を出してしまってはいけませんね。

 内の場合は伴侶がタイガールですから、ストレートにするって言いますし、しないのは愛がないって思っていますからね。 それに、

 「出来ないと思ったら出来なくなるし、しなかっらたドンドン退化するよ。 したくなる様に一緒に考えて頑張らないとね!」

 こういう風に言われますからね。 お互いに、色々と考えながらする為の方法を考えるだけでも楽しいですし、試そうかって事にもなります。 SEXのない生活は、人間的ではなくなりつつありますからね。

89今回の教訓です。

 お解りですか?

 タイガールとの生活でもそうですし、夫婦生活では100%SEXは必要です。 

 それに私は四捨五入をすると還暦ですが、週1回~月3回くらいはする事で男としての健康と色気を維持する事が出来ていると思います。

 女性から見た魅力のある男を調べてみましたら、九割以上の確立でちゃんと定期的にSEXをしている男性だったってデータもあるくらいですからね。

 しない、出来ない男は魅力がないという事なのかもしれません。

 それに男に生まれたんですから、生涯現役でメインを演じる事が出来るのは夢ですからね。 タイガールとの人生の場合は、メインにはなれますから、後は性的な満足も必要不可欠ですね。

 お互いに生涯現役を貫きましょうね。

|

« 崩壊から起死回生の幸せな生活 ② | トップページ | 一穴主義は一番の幸せをもたらす »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 私もその線でしっかりとしようって心に決めていますが・・・頑張ります。

投稿: AKIさん | 2018年7月20日 (金曜日) 午後 10時46分

Aki様

最低週1
ガンバローっとw

投稿: ekamai | 2018年7月20日 (金曜日) 午後 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛する愛妻としないのは何故?:

« 崩壊から起死回生の幸せな生活 ② | トップページ | 一穴主義は一番の幸せをもたらす »