« ダメンズになって強制送還 ② | トップページ | コンドミニアムかタウンハウスか? »

2018年8月21日 (火曜日)

移住の為の楽しい準備

33

 皆さんは移住の準備は進んで行っていますか? 私も最近では頑張っているとっても良いんじゃないかって処には来ています。

 内の愛妻もアルバイトに行っていて、自分も一緒に夢をつかもうかって・・・・・素晴らしい夫婦でしょう。

 でも、愛妻の方タイランドには帰らないで、日本でお店(飲食店)をしたいという夢ですから、どちらの夢が叶うんでしょうね。

 移住希望者はしっかりとした計画が必要ですからね。 最近は老齢の移住者が・・・・・って言うのが多くなっていますからね。

 少し前まではタイランドへの移住は結構簡単でしたが、最近ではタイランドの経済発展でドンドンと物価も高くなって、年金だけのリタイア組は大変になりつつありますし、不法滞在者で簡単にVISAもおり難くなりつつありますからね。

 それに昨日などのダメンズが日本の良さを悪くしていますから、これからの移住には本当にしっかりした計画と金銭的な準備も必要賦活になって行きますし、BKKやチェンマイって言う選択肢だけではいけませんね。

 移住におきましては、一番重要な事は大儲けって事は必要はありませんが、飯の種がないといけません。 一番は伴侶はタイガールであってアルバイトでも仕事を確保する事が重要なです。

 仕事がなくなると暇になって馬鹿な事を考えがちですし、金もドンドンと使っていって計画は早めにとん挫をするって結果になって行きます。 要は暇な時間を多く作らないというのが必要なんですね。

 (暇を作らない方法を移住前からしっかりと計画を立ててとん挫しない様に盤石なモノにしておく必要があります)

 それに何度も言っていますが、都心のど真ん中ではなくて郊外で買い物や食事の良いなところに永久の住処を準備しておくことは本当に重要な事になります。 だってアパートメントは毎月家賃はかかりますし、タイランドは未だに金持ち優先社会ですから、勝手に家賃は変更されますからね。

 特にBKKで日本人が普通に生活をするには、最低でも5~6万バーツ必要なんだと言われていますが、これでしたら20万円弱ですから、年金だけでは生活は出来ませんし、日本と何も変わらないって事になります。

 タイ人と同じ様な生活をするという事と、そこそこの金銭的な余裕が必要ですし、仕事に住処に暇を作らない方法論も必要になっていますので、今の内に一つづつ潰していかないといけませんね。

 面倒くさいって思わないで下さいね。

 でないと破綻をして日本へと帰ってこなくてはいけないって事になりますが、帰ってきても一度移住をした場合は日本に帰ってきてもどうしようもないというのが現実ですから周到な計画が必要ですよね。

34今回の教訓です。

 お解りですか?

 タイランドに移住って言うとある程度簡単にできるんだって感覚が非常に強いのも解りますが、現実は違ってきているという事でしょうね。

 私も還暦までには、永久の住処は用意をして行こうと考えていますし、これが実現しましたら田舎を足すと2か所になります。

 そうして、自分自身が仕事が出来る様にする準備も今の内のしておくというのがこれからの課題です。 夢の小さなお店かテイクアウトの物販店をする方向で、その為の資金と計画を練っていきます。

 まぁ一番の問題は、愛妻と娘が日本の方が良いんだって最近は相当に反対をしていますから・・・・・まぁ、愛妻がいるところの方が私も良いですから、どうしてもの場合は私の計画をしていたものや準備をしていたものは誰かに譲るって事になるのかもしれませんね。

 でも、準備万端は必要ですからね。 お互いに、破綻をしてで戻らない様に頑張りましょうね。

|

« ダメンズになって強制送還 ② | トップページ | コンドミニアムかタウンハウスか? »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

〇〇〇 様。
 ありがとうございます。

 心しておきます。

 内の愛妻の複数の親戚も東京でタイ料理屋をしていますから、アドバイスをしてもらいます。 

 私が一番しっかりとしないといけませんね。 

投稿: AKIさん | 2018年8月22日 (水曜日) 午後 08時03分

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 配偶やVISAは相当に緩和されている様な感じですし、嬉しい限りです。 これで仕事ができるというのはじっとする事が出来ない私にとっては最高のプレゼントです。

 お金をかけるというのはしませんが、田舎でもBKKでもなんとかなるものを考えておきたいと思います。

 やっぱり食べ物屋が一番の様に思いますので、マーケティングを含めて頑張る様にします。

投稿: AKIさん | 2018年8月22日 (水曜日) 午後 08時00分

Aki 様

我々の様に伴侶がTGだと、配偶者ビザで就労できます我、リタイアメントビザは就労禁止ですから、そこからして大変ですねw
ただ、個人起業は要件が緩和されたようなので、そこは明るいニュースですね
私も貧乏性ですから、仕事なしは耐えられません
収支はトントンで良いので何かしら仕事をしないといけませんw

投稿: ekamai | 2018年8月21日 (火曜日) 午後 09時29分

>愛妻と娘が日本の方が良いんだって最近は相当に反対をしていますから・・・・・

近所の評判のいい小さなタイ料理屋のご夫妻がそんな感じですね。東京のベッドタウンでそれなりに人口もいる都市なんで、口コミで客が増えて夕食時には満席で入れなくなることもあります。

なお、野菜の仕入れが日本料理用とタイ料理用で若干違うようです。例えば、花が咲いた菜の花は日本料理に使えないので業者にとっては二束三文ですが、タイ料理は花が咲いたものを使うのだそうで、仕入れ業者が喜んでいるそうです。麺類やスープの材料なんかも安くでおいしい(=客の評判に直結します)業者をうまく探し当てる必要があるようです。

奥様や娘さんが料理店をやるのであれば、ご主人は本気で仕入れ先や商品開発や広報宣伝(店舗の場所選びや店舗デザイン)も日本人客向けに調査研究をやる必要がありますね。実は、上記の店から1kmぐらいの距離に日本人経営でタイ人コックを雇ってる古い店があって、それなりに流行っているのですが、金儲け第一主義で好きになれなかったので、上記の家族経営の温かいお店に乗り換えました。

まあ、どちらがいいのかわかりませんけど、経営者のお人柄と手腕が料理屋の営業イメージに直結しますので、ご主人も本気で取り組むことをおすすめします。

投稿: | 2018年8月21日 (火曜日) 午後 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 移住の為の楽しい準備:

« ダメンズになって強制送還 ② | トップページ | コンドミニアムかタウンハウスか? »