« では、夢魔の世界に行きましょう ② | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ① »

2018年9月 5日 (水曜日)

では、夢魔の世界に行きましょう ③

55

 一目惚れと思い込みと、営業的なモノを理解できないって言うのは男の特徴なのかもしれませんし、女性には少ないところですね。

 1~2回目で一人だけ恋愛のMAXに行ってしまうというのも不思議ですが、これも非常に多いパターンですからね。

 しか、石橋を叩いて・・・・・って日本人は少なそうな感じですが、実は日本人がこのパターンが一番多いですからね。

 不思議です。

 そうすると今日のパターンは想像がつきますね。

 「普通に付き合っているって感じなんやけど、この世界から抜けたいって言いながら、俺と一緒の人生を歩みたいって・・・・・本気なのか、愛人としてでもOKって言うのか、誰が考えてもいい感じなのは間違いはないわなぁ。

 ドンドンと俺に頼って来るし、それやったら俺が何とかしてやらんどアカンと思うのが男の子の基本やろう。 金の問題やないねんなぁ、俺だけがこの子を守ってあげる事が出来るんやって・・・・・若しかしたら、妄想? それでも、兎に角お金だけは突っ込んだんやけどそれでお仕舞やね。」

 ⇒ 最後に来るのは妄想ですね。 おねだりしてくるのは常連さんにはどこの国でも普通にある事なんじゃないですかね。 それに、愛人契約って言うのも、普通はありえない話ですからね。

 前にも言いましたが愛人契約とは優先順位が少し上がって来るっていうだけの話ですし、それ以上でお以下でもありませんからね。 何を思っているか・・・・・独占性や束縛背うというのは一切ありませんからね。

 ・・・・・

 「頼まれたり、不幸を肩代わりしてやったり、助けたったり、彼女の為には相当に色々な事をしてやったわ。 信じれんような事まで持ち込んでくるんやけど、この子は大変なんやって・・・・・俺だけが頼りなんやって考えてたんや。

 でもそんな話は嘘やってん。 俺一人だけは彼女の事を妄信して妄想をかき立ててしまって、詐欺にあってしまったみたいなもんやなぁ。 何度も周りから批判されたり注意されたりしたんやけど・・・・・せやから、タイガールに騙されたって言い続けているねん。 ちょっとでも恥ずかしさを払拭する為にな。」

 ⇒ 最後の人なんかが日本人では多くなっているって感じですが、騙されたっていう様な事を周りに言ってはいけませんね。 自分自身を貶めているって事に気が付かないといけませんよね。

 妄想や妄信って言うのは男の特徴ですが、してしまったものは仕方がないにしても人の所為にしてはいけませんね。 でも、このパターンは人生を潰すまで言っていない人が多いのもパターンですね。

56今回の教訓です。

 お解りですか?

 色々なパターンがありますが、最終日の今日が一番お金を支払っている様に感じますが、人生を潰してどうにもこうにも如何って事にはなり難い感じですね。

 感覚的に言いましたらこんな感じなのかもしれませんね。

 思い込み >>> 妄想

 一番多いのは思い込んで自作自演で走り出すって言うのは恐ろしい事になりますし、取り返しがつかないところに行ってしまうって事は多い様に感じます。

 楽しく遊ばないといけませんし、そんな若い可愛い女の子が良いおっさんに恋心を抱くのは本当に少ないんだって世間の常識だけは忘れてはいけないんだって事なんでしょうねぇ。

 それを払拭する様な何かがあるのがタイランドで、タイガールなんですけどね。 ですから、海外で下手を打つのはタイガールが一番なんだって統計が出ているくらいなんですからねぇ。

 気をつけましょうね。

|

« では、夢魔の世界に行きましょう ② | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ① »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 それは素晴らしいお父さんですねぇ。 内の場合は、ギャンブルはして家庭を顧みずって事がありました。

 逆にその為に私はギャンブルをするという事はありませんでしたので、反面教師で良かったのかもしれませんねぇ。

 自分いがの為に借金までして・・・と言うのは私の様な金玉の小さな男は出来ない相談ですから、そう人は凄いなぁって思ってしまいます。

投稿: AKIさん | 2018年9月 7日 (金曜日) 午後 08時13分

Aki様

私の父はギャンブルをしません
曰く、馬券は全部買っても7割しか戻ってこん。だったら酒飲んでた方がええw
更に、借金はするのもさせるのもあかん
そのせいか、借金してまでTGに、って考えは全くなかったですね

投稿: ekamai | 2018年9月 7日 (金曜日) 午前 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: では、夢魔の世界に行きましょう ③:

« では、夢魔の世界に行きましょう ② | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ① »