« では、夢魔の世界に行きましょう ③ | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ② »

2018年9月 6日 (木曜日)

風俗崩壊の憂き目 ①

57

 タイランドではどんどんと風俗関係のお店が閉店や閑古鳥の住処と化しているところが多くなってきていますね。

 風呂屋さんは不法滞在や不法売春を理由として政府が介入してきている感じですし、その他のお店の場合は努力をしないで置屋しているだけですからね。

 先日ある警察官で昔からの知り合いを酒を酌み交わしました。 そこで最近のBKKの風俗事情を聴きだしてきましたのでご紹介しておきましょうね。

 お先真っ暗って言う感じはそのままですね。

 前から言っている事ですが、私の持論としてギャンブルと売春は人類がなくならない限ろなくなる事はありませんから、こんなものは100%政府が管轄をして、しっかりと管理をして税金を取るんだって言うのが一番良い事なだと思いもいます。

 日本でもこんな話をしましたら、色々な処で綺麗ごとを言っている人がいますが、売春風俗とギャンブルでどれほどの見えない売り上げが存在するのか知っていますか? 簡単に計算しましても大産業になるのは間違いはありません。

 だって日本にも大量の娼婦がやってきていますし、不法滞在をしていますからね。 朝鮮人って事で絞ってみても、JR鶯谷周辺の売春クラブでもネットで探すと100以上のモノがありますからね。

 そこの売春婦にインタビューした人の話を聞きましても、朝鮮人系だけでも年間に3兆円に上るんだって仰っていますからね。 正府が管理をして、税金を取って・・・・・これが当たり前なんだと思いますよね。

 ・・・・・

 「風俗店では一番目に潰そうとしているのは、マッサージパーラーだよね。 なんたって、不法滞在の宝庫になっているし、ややこしい事が山盛りあるからねぇ。 BKKでは、相当に潰されているでしょう。」

 ・・・・・ 確かにも貸しからに老舗でも容赦なく潰されているって感じですね。

 「GOGOバーも手入れをしているし回数も増やしているけども、3か所の内パッポンは壊滅的になりつつあるよね。 でも、後の二つはそのまま繁盛は続いているって感じなんだけども、ここは手を少しは抜いているって感じかなぁ。」

 ・・・・・ ここはソイカウボーとナナで交互に手入れが入っているって感じで、返上をしてくると手入れが入るって処なんでしょうね。

 「でもね、あまり厳しくするとこういう商売は完全に地下に潜ってしまってマフィアややくざなんかが暗躍しだすからねぇ。 ある程度は緩めにしていかないといけないけれども、最近では観光の方が大きくなってきているから、男天国を払拭したいと上は考えているみたいなな感じだから、これからも厳しくなるのは間違いはないよね。」

 ・・・・・ 確かに日本以上に観光客が多いのはタイランドですし、最近では男同士で来る場所ではなくなっている様な感じです。 政府もそれを望んでいるようですから、風俗は厳しくなりますね。

58・ 時間がやってきました。

 風俗系の話になりましたら、力が入ってしまいますし、どうしても脱線が多くなって困りものですよね。

 最近では国は観光に力を入れるって事ですし、男が貧乏人になってしまって金を落とさなくなってきてしまいましたから、風俗はかt身が狭くなっていきます。

 女性が強くなっていきましたら、こういう風になって行くという事でしょうね。

 明日もこの話題を続けていきますので良ければお越し下さいね。

|

« では、夢魔の世界に行きましょう ③ | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ② »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風俗崩壊の憂き目 ①:

« では、夢魔の世界に行きましょう ③ | トップページ | 風俗崩壊の憂き目 ② »