« 風俗崩壊の憂き目 ① | トップページ | 自慢と友人とライバル関係 ① »

2018年9月 7日 (金曜日)

風俗崩壊の憂き目 ②

59

 風俗は必要なと政府は判断しだしているって話でしたが、実際には売春というモンは一切なくなる事はありません。

 問題は野放しにするというのが一番問題なんだろうと思いますが、為政者はどうしても表面を繕いたがりますからね。

 観光客相手自問民相手の風俗は必要不可欠なものなんだとは思うのですが、肩身が狭くなりつつありますね。

 大阪でも飛田なんかはとっても頑張っていますが、なんなものも政府が管理管轄をする事で良くなっていくと思いますが、今後はどうなって行くのでしょうね。

 世界的に売春やギャンブルはどうするのかって方向性を出していないかといけない様に感じますが、綺麗ごとばっかりが先行をしてしまってこういう話題は端に追いやられているって言うのが現実ですね。

 タイランドも昔はお店での風俗が普通でしたが、最近では立ちん坊やデリバリやとお店ではなくて闇や地下へもぐる方向に行きつつありますが、今後もこの方向性は変化ない様に思います。

 タイランドでも、客引きややり手婆なども出てきている様な感じですから、表面的なところには出てこなくなってしまうかもしれませんねぇ。 これでは闇の社会へと金が回って行ってると思います。

 タイランドや日本のやり方はやくざやマフィアと手を組んでいるのかって思える様な政策をしていますから、本末転倒の様に感じてしまうのは私だけの事なんでしょうか?

 ・・・・・

 「バンコク市と政府との方向性の違いもあるので、BKKでは風俗は必要ないんじゃないかって思っている節がありますが・・・・・実際にはどの方向に進んでいるのかは解りませんが、表面上からはなくなって行く方向になって行く様に思いもいます。 

 でも、見えないところでは逆にドンドンと発展していくって事になるのは間違いはありませんね。 違った勢力と組んでいるんじゃないかって言っている人も沢山いますから、どうなって行くのでしょうね。」

 私は人穴主義ですし、浮気というモノはしませんかあ風俗がどうなっても関係はありませんが、世の中の仕組み的には必要不可欠なものなんだって思います。 だって、太古の昔からありますし、人類最初に商売が売春だって言われているくらいですから、今後はなくなる事はありません。

 地下へもぐるんだって言う表現が一番解りやすいと思いますが、闇の世界へと変化して言っていると言う感じになって行くのかもしれませんね。 こういう商売は表に出している方が正解なんだともいます。

 地下へもぐると病気の問題や犯罪にも関わってきますから、皆さんも地価の風俗は本当に気を付けないといけませんよ。

60今回の教訓です。

 お解りですか?

 元の風俗研究家の私にとっては寂しい問題ですが、タイランドも良くない方向に行っていると思いますね。

 これからも方向的には、見えるところは粛清されていってしまうというんでしょうが、これは良くない事の前兆ですからね。

 風俗や売春やギャンブルは見えるところへと出していく事で、健全で管理も管轄もする事が出来るですが、違っていくんでしょうね。

 タイランドで遊びたいとお考えの方は今までと違ったものとなって行きますから、注意をする事は当たり前ですが、自分で開拓をして行かないといけませんね。 でも、人の話を鵜呑みにするのも問題ですからね。

 一番重要な事はしっかりと帽子を被るという事ですからね。

|

« 風俗崩壊の憂き目 ① | トップページ | 自慢と友人とライバル関係 ① »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 風俗関係のお店は暇だ暇だと言いながら努力をしているのが見えない場合が非常に多いですが、どうしてなんでしょうねぇ。

 リピーターになってもらう為にどうするかって考えるのが商売の基本の様に感じますが、何もしないという方法をとっている様に見えます。

 このままではただ単なる置屋に風俗は成り下がって行くのでしょうか・・・

 いけませんね。

投稿: AKIさん | 2018年9月12日 (水曜日) 午後 09時26分

Aki様

先月末に出張者のアテンドの為、初めて1週間ぼシラチャ宿泊をしました
夜はご想像通りカラオケへ
ここもバンコク以上に置屋化してますね
なんの工夫も無くお客さん呼び込んで女の子あてがうだけ
在住者は飽きてすぐ行かなくなるから目当ては出張者
リピートをそもそもあてにしてないからサービスはおざなり
以前あったカラオケ嬢による美人局の影響もあるとの声も
お店の数はそこそこ多いし女の子のレベルもまあまあなのに、経営に工夫がないからお店は閑古鳥で満員でしたねw


投稿: ekamai | 2018年9月 8日 (土曜日) 午後 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風俗崩壊の憂き目 ②:

« 風俗崩壊の憂き目 ① | トップページ | 自慢と友人とライバル関係 ① »