« タイガールが嫌いな事 | トップページ | では、夢魔の世界に行きましょう ① »

2018年9月 1日 (土曜日)

病気は気にならないけど・・・

49 病気については最近ではタイガールも気にすようになってきました。 これは愛する人が出来ると一緒にいる時間を長くしようとする表れですね。

 守るものが出来ると気にする様になると言ったところですね。

 幸せなほど検査やチェックをまめにすると言ったところは、コロコロと変化をするタイガールの性格に似ているんだと思いますね。

 内のもチェックや検査だとは言いますが、実は口で言うだけの事が多くて実際に行けって言いましたら、何やらと理由を付けて行かないでおこうとするんですからねぇ。 子供と同じですよね。

 タイガールやタイ人の不思議なところは、今度はこうするんだとか今度はこれを買うんだとかって・・・・・将来やこの地祇にはこうするって希望的なモノを直ぐに口に出す事なんじゃないかって思います。

 私はばあちゃんっ子でしたからいつもこういう風に言われてました。

 「する前にこうするとかって事は有言実行と言って男には本当に必要不可欠なもんだ。 でも、希望的な物言いや相手の言葉に反応をして出来もしない事を口に出すのは最低な男のする事だからしたらアカンよ。」

 面白くはありませんが、タイガールは相手が自慢話をしていると自分でもすぐにこうするわよって・・・・・内のも昔はしていましたが、日本に暮らすのが長くなってくると言わない様になって行きます。

 余談に時間を使い過ぎたきらいがありますが、これも特徴ですから覚えておくと対応が楽になりますよね。

 タイ人は昔から病気になる度に薬を服用をするって言うのが普通でした。 実は最近でもこの様な感じが続いています。 何かあったら病院でチェックって言う方が正解なんだと思いますが、マイ・ペン・ライって言うのが普通です。

 内の愛妻も来日当時は病院へ行けって言いましても、何かと文句や言い訳や訳の分からない内容の言葉を発して病院を避けようとしていましたが、最近では素直に病院に行く様になってきました。

 環境の変化と愛する人が出来るとタイガールはドンドンと変化をして行きますからね。

 でも、体の為に・・・・・って言うのは口では言いますが、実際には殆どしないというのがタイガールなんですが、愛する人の事だけは口うるさくなってくると言った感じになって行きます。

 内でも口うるさくなっていきますが、でも、口だけで終わっている事も多いですし、大丈夫大丈夫って言う感じは変わりません。 

 でも、年齢がいって来ると体の事はしっかりとドックなどで調べてもらわないといけませんよね。 早く見つけることが出来ると今では問題のある病気は殆どありませんから、お互いに注意したいものですね。

50今回の教訓です。

 お解りですか?

 流石にこんなところも永遠の三歳児ですから、病院を嫌がるのも解りますよね。 

 でも、愛する人が出来てくると愛する人へは口うるさくしてくるというのも普通に変化をしてきますから、受けてあげないといけませんね。

 それにタイガールはどうしてか解りませんが、痛みや病気を我慢する傾向がありますから、我々男の方が気を付けてあげないといけませんね。

 やっぱり三歳児だ!

|

« タイガールが嫌いな事 | トップページ | では、夢魔の世界に行きましょう ① »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 本当に薬局が主治医的なところはありますねぇ。 内でも検査に行かないといけないと言いながらそろそろ年々が経ってきたのでしょうね。

 私へのケアは照って押しているとは言い難い様に感じます。 なんたって文句は言いますが、大丈夫大丈夫って言うのも基本です。

 でも、お互いにちゃんと検査は必要ですから、今年から私がドックに入る時には連れていく事にしてます。

投稿: AKIさん | 2018年9月 2日 (日曜日) 午前 09時54分

Aki様

うちも全く同じですね
私の健康診断は、2,3日前から、食べすぎるな、禁酒だ、って言うし、結果を見て数値が0.1でも悪くなってると大騒ぎするくせに、自分はもう4年ほど健康診断行ってませんw
基本薬局頼みですから、使いかけの薬が薬箱いっぱいに入ってますw
クスリだって賞味期限があるから古いのは捨てなさい、って言ってもマイペンライ、でオシマイw

投稿: ekamai | 2018年9月 2日 (日曜日) 午前 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病気は気にならないけど・・・:

« タイガールが嫌いな事 | トップページ | では、夢魔の世界に行きましょう ① »