« 5万Bあれば私は貴方だけのもの | トップページ | 昨日の夢と今日の現実 »

2018年10月18日 (木曜日)

私のパトロンケチだから

59

 最近ではこの様にストレートに言うタイガールが増えているみたいな感じですし、この言葉でパトロンチェンジって話もストレートに聞いてきますから凄いです。

 下手な鉄砲もかずうちゃ当たる的な言葉ですが、最近の傾向なんだそうですが、私みたい古い人間の場合はこんな言葉を聞いたら逆に冷めてしまうんですがそうでもない人が多いみたいですね。

 考えようによっては割り切った付き合いって事だったら良いのかもしれませんね。

 常連さんにはこんな事は言わないものなんでしょうが、たまに来る鴨にはこんな言葉は日常茶飯事ですから気を付けないといけません。 でも、ストレートの後には違った言葉使いで・・・・・って事も在るみたいでコロッと行ってしまうんだそうですよ。

 こういった夜の女性の場合はパトロンさんは一人という事はありませんし、独占契約という話は一切ありません。 普通は、3~5人くらいはパトロンさんを持っていますし、つわものになりましたらもっと沢山います。

 私が知っている限りでの最高の女性は、18人のパトロンさんを持っていました。

 凄いですよね、こうなってきまっしたら愛人というよりも新興宗教の教祖様の様な感じではないかって感じます。 この人とあった人はみんなコロッと・・・・・って事になるんですから、愛人になるよりも教祖になる方が儲かると思うのですがねぇ。

 長年夜の世界にいる女性はどんどんとパトロンさんを増殖させていって、新しいパトロンさんを作り上げていって、面倒見切れなくなってきましたら下位から切り捨てていくって事をしていますからね。

 中々のやり手です。

 それほど愛人契約をして昨日の話ではありませんが毎月お金を支払っている人が多いのかって思っていましたが、これがびっくり仰天ニュースですからね。 そこまでいるのかって驚きますよね。

 普通にしている人でも3~5人って世界ですから、しっかりとしたマネジメントをしていかないとがっちゃん子って事になりますが、その点はしっかりしたもんですよね。 相手を季節労働者的に扱っているというと言い過ぎかもしれませんが、私に言わせましたら季節労働者の口入屋って感じがしますからね。

 (ちょっと言いすぎまっしたか? でも、びっくりしますがこの表現は一番ぴったりの様に感じますからね。)

 こんな感じが普通なんだって事は認識しておかないといけません。

 自分一人だけのモノなんだって思い込みをしている人が非常に多いが為に騙されたって言う羽目になっていくんですよね。 昨日も書きましたが優先順位のちょい越し券的なもんですからね。

 バカ高いのは間違いありませんが、支払金額は自分自身の満足度との関係ですから、どう思うかはご自分の自己責任ですね。

 でも、騙されたって事ではありませんのでその点は認識しておかないといけませんよねぇ。

12今回の教訓です。

 お解りですか?

 私の知っている限りでは18人との愛人契約って言いましたが、実際にはもっと沢山の契約をしている女性もいますからね。

 素晴らしいです。

 愛人契約には、色々な順位が存在します。

1. 人の魅力としての順位

2. お金を基本とした順位

3. 季節を基本とした順位

4. 将来を考えた場合の順位

 大きく分けるとこの4つになりますので、貴方はさてさて・・・・・どの順位なんでしょうねぇ。

|

« 5万Bあれば私は貴方だけのもの | トップページ | 昨日の夢と今日の現実 »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 確かにお金でつながっている場合は囲い込み以外は独占というのは出来ないのは世の中の常識ですよねぇ。

 特に目の前どころか同じ国にいない場合は、愛人関係とは言う事は出来ません。

 何度も一定案すがこれは、再会優先権というモノですから、お間違いのない様に!

投稿: AKIさん | 2018年10月22日 (月曜日) 午後 04時37分

Aki様

遠距離愛人が成り立たないのは昨日も書きましたが、駐在員だって同居してなければ似たようなもんw
独占したければ同居しかないですw
子供でも分かる理屈が分からないって、そんなんじゃカモネギになって当然です

投稿: ekamai | 2018年10月21日 (日曜日) 午前 02時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私のパトロンケチだから:

« 5万Bあれば私は貴方だけのもの | トップページ | 昨日の夢と今日の現実 »