« タイ人の金持ちとの付き合い方 | トップページ | 田舎に旅行に行きませんか? »

2018年10月 3日 (水曜日)

観光局とバンコク市との闘い

29

 屋台を名物として残していきたい観光局と、金持ちの街のバンコクを屋台や汚いものを全て取り除きたいバンコク市の壮絶な戦いが繰り広げられていますね。

 バンコク市は貧乏人を排除して、大阪や東京の様なすっきりとした街並みを作り上げたいと言うの好みみたいですし、金持ちの意見を最優先をしていると言った感じです。

 でお、観光局は屋台が東南アジアやタイランドの名物化をしているとの判断ですから、屋台が無くなる事で観光者が減るという考え方です。

 同地らが正解なんでしょうね。

 私に言わせれば屋台があって楽しい食事が安価で出来ると言うのが最高なんだって思っていますが、バンコク市は違っていますね。

 リタイア組の生活も屋台が無くなる事で非常に厳しいモノになっている様な感じですからねぇ。

 タイランドでも県や市の自治体と政府がもめているって事はいっぱいですよね。 未だに沖縄は基地について揉めていますが、普天間でも基地が出来てからあれだけのものが出来て危険だ危険だって言っているんですから、傍から聞いていると金が欲しいのか、朝鮮や中国の扇動を受けているってしか見えませんけどね。 

 (それか反日をしないと票が集まらない朝鮮の政治家のパフォーマンスの様なモンですよねぇ。)

 マスコミは左的な所が多いですから、解っていて煽っているしそれでも、事実を伝えているって言っているんですから、馬鹿らしくってテレビ離れをおこしているのが解りますよねぇ。

 バンコク市と政府がもめているというところは、一番は屋台問題ですかねぇ。 確かに、勝手に屋台を出して、周りは汚くして、そうして衛生的にも問題があるというと駄目ですが、何でも駄目だって言うのもタイランドの文化を否定している様な感じがします。

 政府の人と話をしましたら、特に官公庁が屋台の撤去に反対をしている様な感じです・・・・・でも、今まで何もしないでほったらかしていて、急に撤去って言われて、アジアらしさがなくなって観光客がいなくなるというのではちょっと違っている様に感じます。

 私は屋台推奨派なんですが、あまりにも適当で何もしない政府にも問題がある様にも思いますから、屋台を出すにはどうすべきなのかって事も法的な整備も必要になってくるでしょうし、エリアなども決めていかないといけないでしょうね。

 日本的な考えて申し訳ありませんが、どこかに歩み寄るという考え方も必要な気がしますね。

 ある町や市場等々で屋台的な店をやっている所はまだまだ数多くありますが、基本的には秩序がしっかりとしている所は問題なく営業をしている様な感じがしますが、ゲリラ的にしているところは問題がありますからね。

 私の様な庶民では屋台がある事によって安くて美味しいモノを食べる事もできますし、憩いの場にもなりますから、出来ればあり続けて欲しいのですが、法整備も含めてしっかりとしたものを描いて欲しいなぁって思います。

 まぁ、タイランドもその点は日本と同じでファジーですから、こんな事は決まらないんでしょうねぇ。 また、決まっても守らせるまでには毛こうな時間を使わないといけないのは十分わかりますからね。

30

今回の教訓です。

 お解りですか?

 日本でも馬鹿らしいようなデモや議論にならない議論がありますが、決める事やどうすれば利益があるのかを明確にしてサクサクと決めていかないといけない様に思います。

 ・・・・・決まらないのが政治何だろうとは思いますが。

 タイランドはって言っている日本人は結構いますが、実際には日本の方が何も決まっていない様な事が多いですからね。 先日でも、日本の野党の人と話をしましたが、ポリシーも政策もなくて自分の事しか考えていないのが普通ですからね。

 日本もタイランドももっと民間を前面に出して、決断事項を評価していけばもっと早く良いモノが出来る様に思いますが、何時まで経ってもどうしようもないのが現実なんでしょうねぇ。

 でも、出来れば屋台は残して欲しいと思います。

|

« タイ人の金持ちとの付き合い方 | トップページ | 田舎に旅行に行きませんか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 おっしゃる通りですねぇ。

 元々屋台をしている方達はルール無用のやり方が普通でしたから、衛生面や掃除や美観の問題がいっぱいでしたからね。

 屋台法案って言う感じで出来上がったら、庶民や旅行者の麺族度は増していく様に思いますし、タイランドの名物も無くさないで良いですからね。

投稿: AKIさん | 2018年10月16日 (火曜日) 午後 10時45分

Aki様

庶民が暮らすコンドにはキッチンが無いのが普通ですから、屋台が無くなると庶民の胃袋が問題です
撤去では無く一定条件下で継続すべきでしょうね

投稿: ekamai | 2018年10月10日 (水曜日) 午前 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 観光局とバンコク市との闘い:

« タイ人の金持ちとの付き合い方 | トップページ | 田舎に旅行に行きませんか? »