« 強制徴用判決の問題について ① | トップページ | 10時30分の奇跡 »

2018年12月18日 (火曜日)

強制徴用判決の問題について ②

69

 10月の終わりに最高裁の判決が出ました。また、続いて11月29日も・・・・・

 まぁ、こういう判決が出るのは解っていましたが、日本政府の動きはびっくりするほど早かったですねぇ、見直しました。

 でも、韓国政府はおろおろするだけで・・・・・

 日本がこれほど強固に、迅速に出てくるという事は想定していなかったかのようになっていますが、またもや有耶無耶にしようとするんでしょうね。

 この国との付き合いでは本当に今までのやり方は一掃して、離れたところから見つめなおしていかないといけませんね。

 この度の判決でも日韓がお互いに知恵を絞らないといけないという発表からスタートしましたが、完全にこの国との関りは変えていかないといけない様に思います。 今まで言われていた様に

1. 関わらない

2. 助けない

3. 教えない

 この3ないを基本としての付き合いをしていかないといけない様に感じます。 また、一度国交を閉鎖してしまうという事も検討材料にいしていかないといけない様にまでも考えてしまいます。

 そこまで言って委員会の、竹田さんの様にする事を真剣に考えていかないといけない様に感じてしまいます。

 確かに隣国との関係は破棄するというのは日本の経済や防衛にも大きな問題はある事にはなるのでしょうが、完全に突き放してしまわないとあの国は何も理解が出来ない事なんだろうと思います。

 韓国の製造業においても、大手のサムスンも現代自動車も基幹部品は日本に依存をして、組み立てだけをして感慨に輸出しているというのがあ現実ですし、貿易赤字もこの様なやり方の為にこうなっているだけで・・・・・知っていても強気なんだというのはどこにそのバックボーンを持っているのでしょうか?

 アメリカや中国との関係も悪くなっていて、その上日本との関係も壊そうとするというのは、良くい合われている様に金正恩の回し者で、韓国を解体して朝鮮として韓国を滅ぼそうとしているんでしょうか?

 あまりにも反日をし過ぎの様に感じます。

 私も両国間の事については疎いところがありましたから色々と調べていきましたら、良い様にやられているって感じが否めません。 また、日本は戦後の教育で変なマインドコントロールをされてしまって韓国のいう事はなんでも聞かないといけない的な感じになっているんでしょうね。

 断固として言う事は聞かない、決まったルールは変えさせない、また、世界各国に日本が韓国にされてきたことを正確に拡散していかないといけませんし、世界の世論も味方につけていかないといけません。

 その為の国家予算をしっかりと取ってのロビー活動は重要で必要不可欠です。

70今回の教訓です。

 皆さんはいかがお考えですか?

 昔ある外交関係の方からこう言われました。

 「中国の反日は国益と政治が中心となっているので十分に一緒にやっていけるけど、韓国の場合の反日はその時の気分と負け惜しみと恨みと自分が低いのを隠す為だから一緒にはやっていけない。」

 まったくその通りなんじゃないかと思います。

 日本の政府や国民は直ぐにまぁいいかぁって事になりますが、今回については徹底的に日本の言を通さないといけませんし、世界を味方につけていかないといけませんし、ひいてはいけません。

 微力ながら私も動けるところは動いていきたいと感じていますし、引く事だけは絶対い駄目だという声を出し続けていきたいと思います。

|

« 強制徴用判決の問題について ① | トップページ | 10時30分の奇跡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 阿部さんのやり方が一番なんだとは一切思えませんが、この人の所為にして、人に依存して、何にでも金に繋げる最低の国家に対してだけはしっかりとした対応をしているとおもいます。

 あの国の国民は日本とは断絶をしようって言いまくっている様に思いますが、自分の首を絞めているって事も気が付かないんでしょうねぇ。

 馬鹿の極致だと思いますが、何も気が付かないというのも可哀そうを通り越して哀れに感じます。

 世界でもどう思われているかって言うのも気になりませんしねぇ。

 先日はレーダーでのロックオン・・・本当に敵対国としての対応を日本も取るべきものなんだと思いますねぇ。

 早めに関係のない関係になりたいものです。

投稿: AKIさん | 2018年12月24日 (月曜日) 午前 09時27分

Aki様

火事場泥棒で李承晩ラインなる物を勝手に設定して竹島を盗んだ挙句、嘘八百どころか嘘オンリーで日本との外交をして来た最低国家

南朝鮮が泣きついて、嫌々ながら併合した日本
そしてその間、現在の貨幣価値だと60兆円以上にのぼる公金投入での社会基盤整備
更に戦後、日本に占領されたと言い張り、当時の南朝鮮の国家予算の3倍以上に当たる8億ドルもの賠償金に加え、60億ドル以上の資産放棄

こんな国、地球上で南朝鮮くらいww

そして其の手助けをしたのが害務省の弱腰外交

嘘も100回言えば真実に成る
Noと言わない以上Yesである

上級職国家公務員って、最高学府を修了しないと成れないはずなのに、小学生にも劣る交渉しか出来ないって、腹が立ちます

何とか安倍さんが総理のうちに当たり前の外交ができる国になってもらいたいものです

投稿: ekamai | 2018年12月20日 (木曜日) 午前 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強制徴用判決の問題について ②:

« 強制徴用判決の問題について ① | トップページ | 10時30分の奇跡 »