« 南朝鮮の仕事で最悪を経験する ② | トップページ | 美容整形は是か非か »

2018年12月10日 (月曜日)

南朝鮮の仕事で最悪を経験する ③

55

 異国へ行くとか旅行へ行くのは食べ物は楽しみの大きなものですよね。 それが安心して食べる事が出来ないんですからね。

 皿が汚いとか、口に合わないとか、だったらしょうがないと思いますが、毎回食べ残しを食べさせられるというのは酷すぎます。

 この日帰りにスーパーに寄りまして、何個ものカップラーメンを買って帰って、日本に帰るまではこれで過ごそうと決めてホテル帰りました。

 ホテルに帰って嘔吐したのは言うまでもありませんし、海外の仕事でダイエットが出来たのは初めてでした。 この国恐るべしって・・・・・二度と行きたいくないと感じてしまいました。

 翌日の朝ごはんはミネラルウオーターを買ってモノを沸かして、朝からカップラーメンですから、情けなくなります。 韓国だからという事で、 ”辛”ラーメンとチョイスしました。 出来て、食べようとしましたが、猜疑心の塊の私ですから、丼をお願いしまして、ちょっとづつ出して確認をしないと食べれない状況になります。

 ・・・・・ 何か変なモノが出てきました。 これもこまばえの様な虫でしたから、驚きですよねぇ。 これでは私は日本に帰るまで何も食べない、飲まないという事にしてありがたい事に3kgほど痩せました。

 それでも1日ちょっとの仕事がありますので仕事をしますが、町をタウンウォッチングをしている時には当然ですが日本語で話をしますが、2回も絡まれましたし、キチガイの様に憤慨の様相で文句を言った来られた事が一度と・・・・・恐ろしい目にあいます。 (火病でファビョルというみたいです)

 一緒にいた韓国人が中に入って何事もない様になりました。

 普通の場合は、老年や中年や若い人たちは反日感情は薄くなっている様な感じですが、ところどころにはビっクリするほどの反日をしている人達がいて、つっかかってくる事があります。

 また、こちらを指をさして何事か文句を言っている様子が何度もありまして、仕事を終了をしてからは一切食事もしませんし、外に出る事もなしにしまして、日本から直輸入をしているジュースとビールだけをもって部屋からはでないと言う事にしました。

 私はタイランドのクーデターの時も現地にいましたし、ミャンマーの暴動の時にも現地にいましたが、それh度困ったり怖いと感じた事はありませんでしたが、この国は違っていました。

 まぁ私だけの例外なんだとは思いますが、これほど色々とありましたら嫌になるに決まっていますよねぇ。

 それにこの国では日本の何倍もの事故がありますし、何倍もの強姦がありますし、東南もありますし、日本人には何をしてもオッケーだって言っている輩は非常に多いですから、若い女性はいかない方が良いと思います。

 食は駄目、治安は問題がある、事故なども多いですからね。 また、今回は被害には会いませんでしたが韓国ではブッタクリが普通で社会問題になっているから、日本人だけで買わない様にという注意も現地の韓国人に受けました。

 驚きの連続でした。

29_2今回の教訓です。

 お解りですか?

 元々は結構仕事で行っていましたが、これほどの事は解らないので気になりませんでしたが、目にしたり経験をしたりという事で二度と行こうとは思いません。

 特に食が社会問題になっているというのは、政府や外務省でも紹介をして行かないといけませんし、注意喚起が必要なんだと思います。

 知り合いや仕事仲間の家で食べさせてもらうなら安心だとは思いますが、外で食べるというのは止めた方が正解だと思います。

 

 日本での仕事仲間の在日の人がいますが、韓国に行く時には水や食べ物を持っていくのは普通なんだって言っていましたが、改めてその真意が解る様になりましたが、改めて恐ろしさも経験しました。

 この話は嘘ではありません、ネットなんかでは結構乗っている内容だそうですので、気になる方はお調べ下さいね。 でも、私は行かない方が良いと言わざる得ないと思いますが、皆さんは如何ですか?

 (もっとひどい話も経験もしましたが、これ以上書くといけませんので今回はこれで終わらせて頂きます。)

|

« 南朝鮮の仕事で最悪を経験する ② | トップページ | 美容整形は是か非か »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。

 確かに私もそれ以来はあの国の食べ物は食べる事はなくなりました。 恐ろしくて、トラウマが消えませんからねぇ。

 日韓併合は、挑戦が得をして日本は得をするという事はありませんでしたし、そのお陰で先進国(?)の仲間入りをする事が出来ているのに・・・教育の問題もあるのでしょうが、信頼が出来る民族ではありませんね。

 今溝が大きくなっていますから、そのまま距離を保っての付き合い方が正解の様に感じます。 引越ししたい気分ですよね。

投稿: AKIさん | 2018年12月11日 (火曜日) 午後 02時58分

Aki様

追い打ちを掛けるようで何ですが、辛ラーメン(農心)も少し前に異物騒ぎがありましたね
それ以降、私は南朝鮮の物は口にしない様にしてます

知り合いがロンドンに遊びに行った時、街なかでいきなり南朝鮮人が立ちはだかり、私の祖父は太平洋戦争で戦士した。日本のせいだ今ここで謝罪しろ、といきなり大声で怒鳴られたそうです。
すぐに警官が飛んできて事なきを得たそうです
あの国とは国交断絶しか無いです

投稿: ekamai | 2018年12月11日 (火曜日) 午前 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南朝鮮の仕事で最悪を経験する ③:

« 南朝鮮の仕事で最悪を経験する ② | トップページ | 美容整形は是か非か »