« 浮気とはどういうモノなの ② | トップページ | いつまでたっても子供のままで »

2019年1月10日 (木曜日)

現実と夢心地の狭間が解らない

13

 タイランドに行きましたら、男はその事は現実なのかそれとも虚構で実体おないものなかって事については理解が出来ない事が往々にいしてありますね。

 私も愛妻と出会うまでは何処が現実と虚構の狭間なのかって事は本当に理解する事出来ません出来ませんでしたからね。

 貴方は出来ますか?

 タイガールの笑顔なんでしょうか、それとも男の妄想がどんどんと膨らんできて止めどとなく頭の中が防汚徴しているせいでしょうか?

 友人・知人とよく話をする事の内容では、タイランドに行っている時には男はどうして夢と現実を分けて考える事がd系ないんだろうかという永遠のテーマについて話がはずみます。

 今まででも結論めいた話をするという事も出来ませんし、今後も結論は出る事は一切ないというのが当たり前のところなんでしょうねぇ。

 でも先日友人で心理学者で相当に男性の心理についての権威の学者が若しかしたら大きな進展を話をしてくれた場面がありまっした。 私の場合は、酔っていたという事もありましたが変に納得をしてしまった感じです。

 だからどうだと言うモノではありませんが、話の内容を軽くご紹介をしておきましょうね。

 ・・・・

 男には大きな問題(?)があるそうです。 そうしてそこには前提条件と重なり合ったら、その問題が良くなったり悪くなったりとするんだそうですが、具体的にはどういったモノなのかを箇条書きにしていきます。

1. 男には安心が出来るとか、自分が御すことが出来ると感じる人間がいる事で、不思議と自分だけには問題も出てえ来ないし、失敗をするという事もあり得ないし、自分だけが特別なんだという感覚に陥ってしまうみたいです。

2. そこには明確な根拠やバックボーンといったものは一切存在をする事はなくても、御しやすいと感じて安心感を得る(自分が思うだけ)で、何よりも強気になっていく事が出来るのが男の特徴です。

3. その後には、安心感が妄想へと変化していくと言うのが基本で、その妄想は自分の中では真実で動かしがたいモノへと変化していきますが、何度も言いますがその根拠はありません。

4. 妄想を起こしだしましたら、その妄想に輪が掛かっていって、自分では良い方向にしか考える事が出来なくなってしまって、それを否定するとか止とかをする機能がマヒしてしまいます。

5. ・・・・・ 

 これを聞いているとタイランドでタイガールを遭遇をしてからの、真実と虚構や夢との境目を見る事が出来ていない人を良く見ますが、こんな感じなんでしょうねぇ。 

 抗う事が出来ない世界なんでしょうね。

14今回の教訓です。

 皆さんはどうお考えですか?

 御しやすいと安心感とを考えるとそのままタイガールですよね。 男は自分自身を御すことが出来ないのは当然かもしれません。

 出来ている方の場合は、自分の世界の中にしっかりと背負っているものがあって、それとのバランスで軽い方へは行かないと言う事なのかもしれません。

 心理学的にも、男は妄想を抱いてそれに輪をかけるのが得意で大好きなんだそうですから、タイランドに行くとはまり込むというのは自然の事なのかもしれませんね。

 行かないか、背負っているものを確認するか、自分自身でブレーキを持ち込むかのいずれなのかもしれませんね。

|

« 浮気とはどういうモノなの ② | トップページ | いつまでたっても子供のままで »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
ありがとうございます。

確かに危ないって事はありますねぇ。 でも、その後の事を冷静になって考えると命や人生をかけるほどの女っていうのは存在しませんよね。

私の昔は、その場限りが良ければそれで良いかって思っている自分がいましたが、最近では今よりも今後の事の方が重要な事何だと言うことに気がつく様になりました

これが幸せへの切符だったんですね

最高な人生が目の前に広がって、その後は上がる事はあっても下がる事はありません。

投稿: AKIさん | 2019年1月13日 (日曜日) 午後 08時58分

Aki様

現実と夢心地ですか?
鴨葱だった頃よりは区別が出来てると思いますが、あやしいときもw
この半年ほど内々接待で度々カラオケに連れて行かされたんですが、どれもバンコクじゃなくいつもと勝手が違い、また嫁の目が届かない気楽さもあってか、相手のペースにハマりそうになりましたw
特にパタヤでは百戦錬磨って感じで危なかったですねw

投稿: ekamai | 2019年1月13日 (日曜日) 午前 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現実と夢心地の狭間が解らない:

« 浮気とはどういうモノなの ② | トップページ | いつまでたっても子供のままで »