旅行・地域

2017年7月19日 (水曜日)

列車の旅をしませんか? ②

73

 皆さんはタイランドに行きましたら、旅行はされますか?

 BKKなどのネオンが多いところで、日が暮れてからのみ行動をしているって人の方が多いのかもしれませんし、最近では昼間はゴルフで夜は日本人クラブっていう方も多いですね。

 私はタイランドの中では色々な処に言っている方ではないかと思います。 まぁ、仕事もありますが愛妻との旅行って言うのもいい感じですからね。 

 娘が小さい頃にはビーチにばっかりでしたが最近では遺跡や自然を満喫するのに変更をしていきました。 私は自然なんかよりも建造物が好きですので、その辺に行きたいって感じだけですけどね。

 では、列車旅の公判をスタートしましょうね。

sign03sign03sign03sign03sign03

続きを読む "列車の旅をしませんか? ②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火曜日)

列車の旅をしませんか? ①

70

 最近は日本人の鉄道ファンがタイランドの電車の旅を楽しんでいるといるらしいですね。

 昔ながらの列車がそのまま現役で走っていて、旅行に写真撮影に花盛りなんだそうです。 私の友人もタイランドに列車を中心とした観光にいっぱい行っています。

 私も何度も田舎に帰る時には列車を利用をしていますが、ゆったりとした気持ちになりますし、昔ながらの列車に揺られて、大平原を走るんですから素晴らしですし、心が洗われる気持ちになります。

 でも、時間的には日本の感覚を捨てないといけません。 時間割はあってない様なモノですし、急ぎの旅には適しませんが、ゆったりとした時間を得るにはタイランドの列車の旅は最高ですよ。

sign03sign03sign03sign03sign03

続きを読む "列車の旅をしませんか? ①"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日曜日)

久しぶりに南朝鮮への仕事を ②

22

 私はそれほど人の事や色々な事については悪口は言いませんし、否定をするという事はない人間であると思いますし、周りからはそういう評価を受けています。

 でも、声を大にして言いますがこの隣の国の南朝鮮は完全に断絶をして、この事だけはしてはいけませんね。

1. 関わらない

2. 教えない

3. 助けない

 

4. そうして、どんな事があっても知らん顔をする

 のが、最高の判断と思います。 馬鹿な国は、ドラえもんも自分のモノだから日本の最低の子供には見せない方が良いって・・・・・こんなバカな教育をしていますからね。 こんな最悪なコリア起源説っていう馬鹿な事w言い続けている民族とは断絶が一番良いですし、関わり合いにならない方が良いです。

 左翼はコリアは・・・・・って言いますが、元在日の辻本や原口や小沢や福島や・・・・・コリアの為にだけ仕事をしてる馬鹿がいますからね。 土井たか子もそうですから、皆さんも騙されない様にしてほしいと思いますし、生活保護も在日が日本人の何倍ももらっているって現実を知ってほしいです。

rainrainrainrainrain

続きを読む "久しぶりに南朝鮮への仕事を ②"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土曜日)

久しぶりに南朝鮮への仕事を ①

19

 そろそろ20年近くが経ちますが、久しぶりコリアへと仕事で行く事になりました。 久しぶりですから、街並みは相当に変化をしていますが、人間関係は最悪になっていますね。

 反日と嫌韓ですからね。

 まぁ、元々は相いれる事が出来ない民族同士ですし、日本としては別に付き合う事がビジネス的にも人間的にも必要がない国ですから、あまりかかわりたくはないのですが、今回はどうしてもって事でした。

 今のコリアはどうなっているのかを報告させていただきますね。

 昼や夜や色々な世界を見てきました。 楽しい事はありませんが、今後行くんだって方は参考にしてみて下さいね。

rainrainrainrainrain

続きを読む "久しぶりに南朝鮮への仕事を ①"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木曜日)

アランヤプラテートへの旅行の奨め ②

082

 タイランドの田舎は素朴てあったかくて非常に良い感じですよね。 ぶったくりって事も在りません。 日本人という事で珍しがられる事はあります。

 タイ国境とカンボジア国境の中間地点を通ってからポイペトに行きますが、タイ人の金持ちの場合はカンボジアへは入らないで中間地点のカジノやホテルやと色々と楽しいものがあります。

 私も久しぶりにカジノで・・・・・

 ここで色々な話を聞きましたら、ポイペトはあまり治安が良くない話で、昼間でも危ない事があるそうですから、これではもしもの事があったら大変という事でポイペト行は中止をしました。

 中間地点は治安も良くて楽しそうですから、ここで泊まる様にしてカンボジアへのj入国は断念。

shineshineshineshineshine

続きを読む "アランヤプラテートへの旅行の奨め ②"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水曜日)

アランヤプラテートへの旅行の奨め ①

079

 皆さんはタイランドの色々な所には旅行には行っていますか?

 現時点でのタイランドへの観光者は、純然たる旅行を楽しもうとしている方が非常に多くなっていますから、色々な所に行っているのは間違いはありませんね。

 おじさんの様に一所で・・・・・って言う事は非常に少なくなってきているのが現実ですから、タイランドの色々な楽しいところを紹介をしてくれって意見もありますから、たまには旅行の事についての話をさせて頂きましょうね。

 アランプラテートです。

 最近はタイ人にもとっても人気で楽しい事がいっぱいできていますので、夜の世界だけっておっしゃる方も楽しめる場所ではないかと思えます。

shineshineshineshineshine

続きを読む "アランヤプラテートへの旅行の奨め ①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土曜日)

夢の国ニッポン

28

 タイランドに取りましたら、日本と言う国は夢の国ですよね。

 それに、反日をしている2か国でも同じ様に日本は夢の国に感じているみたいです。 だから嫉妬感から反日をしているのかもしれません。

 東南アジアの人と話をしましても、日本は夢の国で、何度も行きたいし、出来れば移住をしたいと言う感覚を持っていると言う風に言われていますね。

 そうなんでしょうか?

 私なんかに言わせましたら、確かに反日をしている国とは比較にならないほど良い国は間違いはありませんが、東南アジアの国と比べると良い所はいっぱいある様に感じますが、どんな感じなんでしょうかねぇ。

coldsweats01coldsweats01coldsweats01coldsweats01coldsweats01

続きを読む "夢の国ニッポン"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金曜日)

なんちゃって、ムスリム!

61

 最近は日本にも沢山のムスリムの方がいっらっしゃいますよね。 日本の場合は、マレーシアやインドネシアが非常に多くなっています。

 私の感覚では、ムスリムの方は中東地区は基本的には厳格な方が多くて、東南アジアの方はなんちゃっての方が多い様に感じますね。

 って、批判をしているのではありません。

 日本へもタイランドへのムスリムの方は多いですね。 特に、タイランドは昔からアラブ系の人が遊びに来るのが非常に多いですから、その手のレストランは一杯です。

flairflairflairflairflair

続きを読む "なんちゃって、ムスリム!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金曜日)

錆びれてしまったヤワラーの旅社

194 何年、何十年前の話をしようとしているのお解りになりますか?

 相当にマニアックな人でないとヤワラーに旅社ってモノがあって、結構一世風靡をしたって事をしている人は少ないでしょうね。

 私は店の前までしか行った事はありませんが、結構恐ろしい所みたいですよね。 知らないでも良いとは思うのですが、マニアックに進めてみましょうね。

             smilesmilesmile

続きを読む "錆びれてしまったヤワラーの旅社"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日曜日)

旅の恥は掻き捨てを実践するな

Photo_34 日本の諺に、 ”旅の恥はかき捨て” って事がありますが、これは絶対にしてはいけないって事を教える為に言った言葉だって事は知っていましたか?

 でも、殆どの日本人は旅の恥はOKだって思っている方が多いのはどう言う訳なんでしょうか。

 中国や韓国と色々と揉めていますが、日本人の全ての人が旅の恥はかかなくて、捨てないって事を実践が出来ましたら、殆どの諸外国は日本の味方をしてくれるんですが、未だに出来ないので味方をしてくれないんですね。

 少し、考えると日本はそこいら中に友好国を得る事が出来るんですけどねぇ。

                 cloudcloudcloud

続きを読む "旅の恥は掻き捨てを実践するな"

| | コメント (3) | トラックバック (0)